00027

 

デートにおいて、相手の女性に好意を伝える前に

まずやるべきことがあります。

 

男性が女性にアプローチをしていく段階において

やっぱりメールとか電話など、相手の女性と直接会っていない時、

逆に相手の女性と会っている時とでは

こちらがとるべき態度というのは違うものになるのです。

 

当ブログではこれについては何度もお話ししていますね。

恋愛で女性に惚れさせるためには女性の感情を揺さぶる必要があります。

そして、女性の恋愛感情を増殖する必要があります。

 

なので直接会ってないときは好意を見せない。

直接会っているときに好意を匂わせるということ。

恋愛においてこれがとっても大事になってきますからね。

あなたは女性へのアプローチの段階で

会ってない時、または会っている時とで

これらを意識的に変えて態度に変化をつけていますか・

 

具体的に言うなら

メールのやり取りでは

簡単に淡白な内容のメールを送る。

つまり待ち合わせなどの最低限の詳細ですませます。

そうすることで、好意を匂わせることは無い。

 

でも、実際のデートになったら

思わせぶりな発言などを積極的にしていきます。

そして、スキンシップもして好意を匂わせるのです。

このように態度で示すこと。

メールと会っている時の態度の違いを見せることが大事です。

 

会ってないときは素っ気ない。

淡白なのに、会っているときは好意を匂わせる。

女性からしたらそのギャップにかなり感情を揺さぶられることになるのです。

 

そして、メールで好意を伝えてしまったら、

こちらのノリとか空気を正確に伝えることができません。

なので、女性から重く取られたり、またはがっついていると思われることになります。

そうなると危険ですからね。

 

すでに付き合っている相思相愛のカップルならいいです。

でもまだ、出会ったばかりの女性が異性としてあなたに対して好意を抱いてない段階なのに、男性の方が盛り上がってメールで好意を伝えてしまったり

そのような行動に出てしまうと完全に男性としての立場を下げてしまうわけです。

 

なので、女性に好意を伝えるのは

あくまでデート中です。

直接その女性と会っているときに行いましょう。

 

何度も言ってますがその時も重たくならないように

あくまで軽いテイストで冗談っぽく好意を匂わせていくのです。

これがポイントです。

 

そして、そのようなデート中で女性に好意を匂わせる行動。

それは、序盤に実践すべきなんです。

そして、これにおいてとても意味のある行為がありますので紹介します。

 

それは女性と遊んでいるときに

これはデートであるということを認識させること。です。

 

男性としては相手の女性を気にいって誘っているわけです。

なのでデートという認識はあるけど、誘われた側の女性としては

必ずしもそうとは限りませんからね。

 

「ヒマだったので、なんとなくOKした」

このぐらいのノリでデートという認識が全くない女性もいるものです。

だからこのような温度差があったら

なかなか二人の関係を進展させることが難しい。

なので、男性として

相手と関係を進展させるために

まずは相手の女性に対してただ遊んでいるというわけではなく

確実にデートであるということを認識させる必要があります。

 

というわけで、今回の内容は

女性に確実にデートであるということを認識させるために

具体的にどんな発言をしていけばいいのかについて話していきますね。

 

あなたも好きな女性と誘うことができたら

実際に今回話す内容を踏まえてデートの時に二人の関係を進展させるために試しに使ってみてくださいね。

女性にデートであるという認識をさせる方法とは?

まずはデートにおいてどんな発言をするかという前に

女性をデートに誘う時点の話を少ししたいと思います。

女性を初めてデートに誘う場面は

その女性と出会った時にその場で口約束をして

連絡先を交換してからメールのやり取りが始まります。

そして、そのメールのやり取りの中で約束をするというパターンが一般的ですね。

 

この時点で

まずは二人で会う約束をすることが最優先となります。

 

なので、やっぱり誘う時点で

「デートのような重たい感じではなくて、ちょっと遊ぶ程度」

このようなノリで女性に抵抗感なく誘い出すことです。

 

例えばそうですね

 

「来週あたり軽く飲みでもいこうよ」

こんな感じで

デートとも取れるし、また特に深い意味でなく遊ぶだけでもとれるような感覚です。

重苦しい感じではないのでこのような誘いには女性は乗ってきやすいです。

 

つまり、デートに誘うという時点の段階では

デートを意識させないいこと。

そのほうが女性に拒否されにくいですからね。

 

そして、先ほど言いましたが

こういった誘い方の方がデートなのかなんなのかわからない誘い方で

女性はデートとは認識せずにやってきます。

そして、二人で会っているときに女性にデートであることを認識させるというわけです。

 

ならば、女性にデートであることを認識させるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは女性と会ってからしばらくして

こう言います。

 

「俺、デートとかかなり久しぶりやわ~(笑)」

ほかには、

「今日はいい女とデートだからやっぱ緊張するわ(笑)」

 

「久しぶりにいい女とデートできるし昨日の夜はドキドキだったわ(笑)あんま眠れなかったわ(笑)」

 

こんな感じで発言してやればいいのです。

こんな発言だったら重くならないですからね。

そして軽いノリで冗談ぽく言えます。

これがポイントですね。

そして、デートの最中にサラっとしたこのような発言を混ぜていくことによって、

なんとなく来ているだけの女性が

「あ、これはデートなんだ」

と認識するようになるんですね。

 

そして、これはデートであるということを認識した女性は

だんだんあなたの事を異性として意識するようになるのです。

 

そして、あなたが思わせぶりな発言をしたり、またスキンシップをして

二人の関係をより深いものにしていけばいいのです。

 

さて、今回の話はどうでしたか?

 

せっかくあなたも好きな女性と二人っきりで遊ぶことができても

女性にデートであるということを認識させないと意味ないですからね。

そうしないと、なかなか二人の関係を深める空気になりませんからね。

なので、あなたも好きな女性と遊ぶときには

これはデートであるということを認識させることです。

そのような発言をどんどん織り交ぜていく必要があるのです。

 

これはとても簡単なことです。

まずはデートであるという認識をさせること。

そうしたほうが女性へのアプローチがスムーズに運びやすくなるからです。

ナンパ侍賢治の期間限定恋愛マニュアル無料プレゼント!

只今以下の恋愛マニュアルを無料でプレゼントしています。
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。 ↓ ↓ ↓

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^