t34t34t4

男の余裕って何だと思いますか?

女性が感じとる男の余裕。

社会的地位?

経済力?

何でもわがままを聞いてくれる?

 

これらの項目も多少は当てはまるかもしれませんが、実はそんなとこではありません。

 

女性が感じる男の余裕。

余裕がある男に女性は弱い。

 

その余裕とは?

 

さて、今日はこれをテーマに舞台はキャバクラで話しを進めていこうと思います。

 

今回話す事はかなり重要なのでマジでキャバ嬢を落とすために知っておいて下さい。

 

実は僕の失敗を元に勉強になったことでもあるのであなたは僕と同じ失敗をしないで下さい。

 

キャバクラ慣れしてくると、キャバ嬢と同伴したりキャバ嬢を指名したりしますよね。

同伴したお気に入りのキャバ嬢、もしくは指名したお気に入りのキャバ嬢がいます。

 

「この子を落とすためには、他のキャバ嬢に目もくれない」

「この子だけで俺は満足だ」

このように、好きになった度合い、感情が強くなると意外なミスを犯してしまう。

 

僕はこのミスを犯してしまい狙っていたキャバ嬢に嫌われた事があります。

 

後から冷静になった時に、なんて女々しい事をしてしまったんだろう。と反省しました。

 

お気に入りのキャバ嬢に対する好意が強くなって周りが見えてなかったのです。

 

では、そんな僕の情けない体験を話します。

 

僕がまだキャバクラデビューして間もない頃の話しです。

 

そうですね、だいたい今から7、8年前ぐらいですかね。

当時好きになったキャバ嬢がいました。

男は好きな女、つまり彼女になった女に対しては一途であるべきだ。

 

女の立場からして、彼氏が自分に対して一途ならそれはもちろん嬉しいし、幸せ。

この考えは今でも変わりません。

 

でも、当時の僕はこの線引きを履き違えてしまったんです。

 

キャバクラでは毎日キャバ嬢達が売り上げを競っている言わば女の戦場みたいなところです。

そのため、いじめや妬み、「あの子には負けたくない」とかそれぞれの子が売り上げアップを目指したり、もしくは売り上げが悪いとオーナーやママから「頑張らないとクビ」というプレッシャーやノルマを課せられたりしています。

 

そこでうまくやって行くには周りのキャバ嬢と協調性がないと難しくなるわけです。

 

一匹オオカミは、いじめの標的にされる可能性が高いわけです。

 

一見華やかなキャバクラの裏側はそんなところです。

そんなこととはつゆ知らず僕が犯したミス。

 

それは、指名したお気に入りのキャバ嬢ではなく、ヘルプに付いてくれたキャバ嬢に失礼な態度をとってしまったことです。

 

具体的には指名していたキャバ嬢が他のテーブルに行き、ヘルプにきたキャバ嬢に対して、「君には興味ないから」といった冷たい態度で接してしまったわけ。

 

そして、重い空気を作ってしまいました。

指名のキャバ嬢が戻ってくるまでほとんど口を開かず目の前のヘルプのキャバ嬢には目もくれずお酒を飲んでいました。

 

今考えたらなんて器が小さいこと。

 

名前を聞かれても愛想なく答えるぐらいの僕を見てヘルプのキャバ嬢は多分こう思ったことでしょう。

 

「早くこのテーブルから立ち去りたい」と。

指名のキャバ嬢が戻ってきて重い空気に気づき、ヘルプのキャバ嬢に謝る始末。

 

そして、彼女の僕に対する態度は幻滅。

僕としては、そんなつもりではなかったんです。

 

ヘルプのキャバ嬢と仲良くしていたら指名したキャバ嬢にチャラいと思われて逆に嫌われるのではないかと思っていたんですね。

 

「俺は君しか興味ないんだよ」という事をアピールしたかったわけです。

 

でも、これが逆効果。

 

キャバクラという空間ではこうなるわけ。

 

「なんでヘルプの子に冷たくするのよ。私が今後働きにくくなるじゃない」

 

「なんでヘルプの子に冷たくするのよ。今後あの子と気まづくなったらどうするの?」

「器の小さい男ね」

 

そうなんです。

キャバ嬢の立場を考えたら、ヘルプで付いた子には同じように接してあげることが大事なんです。

 

女の子は男と違い協調性や、その場の空気を大事にします。

 

なので空気を重くする発言や空気が読めない男はモテません。

 

そうなると、余裕のない男のレッテルをはられてしまい、恋愛対象として見られません。

 

ヘルプの子にも愛想良く普通に接してあげること。

 

この人いい人だと思われたら逆に指名のキャバ嬢からの好感度も上がります。

 

場の空気を考えられる大人の男に見えるわけです。

 

指名のキャバ嬢が他のテーブルに行き不機嫌になっていると、駄々をこねる子供みたいに見られてしまうわけ。

 

そんな男に魅力なんて感じません。

 

指名のキャバ嬢は自分が席を立ちあなたがヘルプのキャバ嬢に対してどんな振る舞いをしているのか気にしています。

 

そこを汲み取る気転を効かせて、ヘルプのキャバ嬢に優しくしてあげること。

 

内心、指名のキャバ嬢がいなくなり悲しくても態度に出さないことです。

 

「呼ばれたからちょっと行ってくるね」と言われたら、

 

「いっておいで」と気持ち良く送り出すこと。

 

そうすることが男の余裕を感じさせるわけです。

 

あなたは僕のような失敗をしないで下さいね^_^

僕は失敗から学んだ事を恋愛力に変えてきました。

失敗を経験しながら進んできました。

 

それをこのブログを通してあなたに届けたいと思っています。

できれば失敗は避けたいですよね。

少しでもあなたの恋愛の手助けになれれば、幸いです。

 

ナンパ侍賢治の女にモテる驚愕のメルマガ講座(無料)

 

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^