どうも、僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

好きになった女性にアプローチしていくに当たり、「相手の女性が自分に対してどの程度の距離感か?」これを把握することは大事です。

 

現段階で、女性が自分に対してどれぐらい心を開いてくれているのか?

今回は、食事デートの時に使える心理学に基づいた女性との距離感を計る判断基準となるテクニックを教えます。

 

まずは、判断基準となる女性の好意の度合いをあなたも理解しましょう。

女性が異性に好意を抱く段階として、このサイトで以前にお話ししましたが、

 

嫌い⇒興味なし⇒友達⇒興味あり⇒好感⇒好き

 

女性の異性に対する恋愛的な感情はこのように変化していきます。

 

だから、相手の女性が今現在こちらにどの程度の好意的な感情を抱いているのか?

ということを、把握することによってアプローチの言動や行動は変わってきます。

 

そして、どのようなアプローチをしたらいいのか判断できる力を身に着けてください。

 

例えば、女性が相手の男性の事を、嫌いとか興味なしのレベルなら、デートに誘う前にまずは身だしなみ、ファッション、髪型など清潔感を出して生理的に嫌われる要因を排除して改善しなければなりません。

 

生理的に無理と判断されたら、どうしようもないですからね。

ノーチャンスだと思ってください。

 

また、女性が好きでもない友達ぐらいの好意レベルならこちらが一方的に好意を伝えることで追いかける恋愛になってしまいますし、それにより力関係が女性の方が上になってしまいますので、結果的に自分の立場が下がってしまいます。

 

自分の立場が下になってしまうと、女性と恋愛関係になることは難しいです。

まず、女性に恋愛関係を意識させるためには、力関係はフラットにする必要があります。

 

そして、相手の恋愛感情を育てていく必要があります。

 

だからこのように相手の女性が今どのぐらいの好意レベルであなたの事を思っているのか?

これを見極める力を養う必要がありります。

 

そして、見極めてから、やるべき行動は変わってくるのです。

 

だから、あなたはいま好きな女性が自分にどのぐらいの好意的な感情を持っているのかや、距離感作っているのかを判断できるメンズになってください。

 

自分に対する、女性の好意的な感情がどれぐらい上がってきているのかを感じ取れるようになる必要があります。

 

そこで今回はあなたと女性との心理的距離感を計る方法として、簡単なテクニックを紹介しますね。

 

あまりにも簡単すぎて拍子抜けするかもしれませんが、使いやすいテクニックになるのでぜひ実践してみてください。

 

女性との距離感を計るグラステクニックとは

 

では、今回の本題に入っていきます。

「グラステクニック?」

「なにそれ?」

と、あなたは思うかもしれませんが、これはけっこう有名な心理テクニックです。

 

このグラステクニックとはどういったものなのか?

あなたも心理学などを勉強している場合は、すでにご存知かもしれませんね。

 

まず、シチュエーションとしてはあなたが女性と食事のデートなり、バーに飲みに行ったとします。

 

そこで、今回のグラステクニックを行います。

やり方はとてもシンプルで簡単です。

 

女性と二人で飲んている時に、飲み始めてからしばらく時間が経ったら、あなたのグラスを女性のグラスの近い場所に移動します。

 

このあなたのグラスを女性のグラスに近づける行為に対して女性が自分のグラスを動かさずにそのままの状態でいたら女性のあなたに対する心理的な距離は、ある程度は縮まっていると判断できます。

 

逆に女性が自分のグラスを遠ざけた場合、それは女性のあなたに対する心理的な距離はまだまだ遠いと判断できます。

 

逆に、あなたのグラスに女性の方からグラスを近づけるような行動をしてきた場合、これはすでにあなたに対して、恋愛対象として、好意的な感情を抱いている可能性が非常に高いと判断できます。

 

このグラステクニックの根拠は、パーソナルスペースがベースになっています。

 

パーソナルスペースとは、人が他人に近づかれると不快に感じる空間で親密に感じる人が相手ならばスペースは狭くなりますが、逆に親密さを感じてない人が相手ならスペースが広くなるというもの。

 

またグラステクニックにおける、お互いのグラスというものはお互いの分身の役割に値すると言われています。

 

だから親密な人からグラスを近づけられても不快感を感じませんが、そうでもない人からグラスを近づけられると
人は自然と無意識に不快感を感じと言われています。

 

そして、グラステクニックで女性がグラスを動かさずにそのままの状態ならば、ある程度はこちらに親近感を抱いているということを判断できますので、そこから思い切って「大胆なスキンシップを仕掛けましょう」というわけです。

 

逆に女性がグラスを遠ざけた場合は、まだ親近感を抱いてないので「まずはお互いの幼少期の話などをして、心理的な距離を埋めましょう」という判断ができます。

 

こういったちょっとした判断基準があると、あなたも女性に対してどうアプローチしていけばいいのか?というのが分かりやすいと思います。

 

自分に対して、相手の女性の気持ちが分からない場合は、思い切ったスキンシップにも躊躇してしまったり、または好意を匂わすような言動も出来なかったりなどあると思いますが、こういった1つの判断基準を設けることによって、その後女性に積極的にスキンシップを取っていけばいいのか?

 

もしくは、まだ親近感を持たせるための会話を展開していった方がいいのかなど、冷静に次のステップに移行しやすくなるはずです。

 

女性に強制的に親近感を持たせる会話を展開しよう

仮に女性がまだグラスを遠ざけるなど、心開かずの警戒している状態であれば、強制的に親近感を抱かせてもらう会話をするように心がけると良いです。

 

こんな時に僕がよく使う方法として、人は幼少期の話をするなど、過去の話をすることによって、それを聞いてくれた相手に対して、親近感を持ちやすくなります。

 

なので、この心理を利用して幼少期の頃の会話を展開したりもします。

 

例えば、

「オレは小学生の時に、あだ名が○○って言われてたっけな~」

「○○ちゃんは、なんて呼ばれてた?あだ名とかあった?」

というような感じで、幼少期の頃を思い出しながら女性に話題をふると、女性もそれに答えやすくなります。

 

コツとしては、まずは自分が先に幼少期の頃の情報開示することで、相手の女性も話しやすくなります。

そして、この幼少期の話というのは、普段なかなかする機会がないので、珍しい話題でもありますし女性も会話ネタとしては楽しく話しやすいネタになります。

 

「小学校の頃、マラソン大会とかなかった?」

「俺は、持久走だけは結構得意だったんだよね(笑)まあ、短距離は遅かったんだけど(笑)」

「○○ちゃんは走るの得意だった?」

 

「うちらの学校もマラソン大会あったよー!懐かしいよね。私は長い距離走るのは苦手だったな~、どちらかと言うと、短距離の方がまだ得意だったかも」

 

というように自分の情報開示をした後に、女性に質問を投げかけるというスタンスが違和感なく女性の幼少期の会話を引き出しやすくなります。

 

だからあなたが好きな女性とデートしているときには使ってみてください。

 

最後に、あなたがこれから好きな女性を彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

メルマガではサイトには書けない濃いモテる秘訣を教えていますので、今すぐにメルマガ登録しておいてくださいね。

↓↓↓

ナンパ侍賢治のモテメルマガ

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^