どうも、僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

世の中の多くの人って恋愛について学ぶ機会、学ぶ授業なんてないですよね。

 

例えば大学の心理学とか一般教養でも恋愛に関する講義はあるけど、そこで学んだことを自分に当てはめてまで活用している人はほとんどいません。

 

多くの男性が恋愛するときに頼りにしているもの。

 

女性との連絡の取り方とかデートの仕方とかアプローチの仕方とか・・・

何をイメージして参考にしているのか?

 

それはやはり人から聞いたことや、恋愛ストーリーで見たもの学んだものを頼りにしているわけです。

 

例えるなら、以前の自分自身の経験、周囲の友人などから聞いた事や両親とか兄弟から聞いた事、または、テレビとか映画とか小説、漫画などなど・・・

 

それらのものからあなたもストーリーを自分が好きな女性との恋愛に参考材料として使った経験があるのではないでしょうか?

 

ストーリーというのは物事をイメージすることが簡単で、他人から何かを学ぶときにはとても有効なものですからね。

 

 

でも、このストーリーというものは、テレビとか小説とか漫画、映画の中では当然ながら事実上ではなくて、完全なフィクションということをお忘れなく。

 

あなたはフィクションを鵜呑みにしますか?

 

それらの恋愛ストーリーとかフィクションを鵜呑みにしていたら、いつまでも自分自身の恋愛で結果を出すことは難しいです。

 

もちろんあなたも

「フィクションと実際の恋愛の判別ぐらいはできるくさ!!」

と思うと思います。

 

でも、実際にドラマとか映画とかみたいな恋愛の手順を踏み、いつまでも結果に結びつかない男性が多いのもこれまた事実です。

 

それらのメディアはやはり影響力が高いですし、多くの人の脳に刷り込まれていきますからね。

 

 

というわけで、今回はどうしてテレビとか映画の恋愛を鵜呑みにしてはいけないのか?

 

これについて話していきますね。

ドラマとか映画の恋愛ストーリーを真似して失敗するパターン

なぜドラマとか映画の恋愛ストーリーに影響されて真似してはいけないのか?

 

それは参考にすることで、間違いを起こすからです。

 

一番の理由は、「フィクションの恋愛はストーリーが綺麗だから」ということです。

 

実際の恋愛はキレイではないことがほとんどです。

ドロドロしていたり、複雑であったり生々しいものであったりしますからね。

 

だから、ドラマとか映画の恋愛を真に受けて鵜呑みにしていたら実際の恋愛で痛い目にあいます。

昔の僕がそうだったように、自分で勝手に恋愛を美化してしまっていたわけです。

 

ドラマや映画や漫画などの影響から、勝手に恋愛を美化してしまっていました。

 

その結果、女性にいいようにやられて、玉砕してしまうというわけです。

 

なので、今回はその失敗するパターンをピックアップしました。

 

これらの事例を鵜呑みにしてないか?

 

あなたもチェックしてみてくださいね。

 

その1、好きな子にやさしくするとモテる

確かに街角インタビューなど、アンケートに対して女性は、彼氏に求める点で「やさしさ」と言いますね。

確かに多くの女性は男の「やさしさ」を求めます。

 

でも、間違ってはいけないのがこのやさしさの真意ですね。

 

例えば以下のようなやさしさは女性は恋愛対象の男性には求めてないです。

・なんでも言うことを聞いてくれる

・なんでも欲しいものを買ってくれる

・間違ったことをしても注意できない

・終電あるのに車で迎えに行く

・仕事やその他の大事な用事よりもデートを優先する

 

男性はこのような女性に媚びるようなやさしさをしては恋愛感情に発展しませんし、女性は自分の方が立場が上だと勘違いします。

 

なのでこのような媚びるやさしははやめましょう。

 

では、逆に女性が求める男性のやさしさの真意とはいかに?

 

それは、

・普段は冷たそうな印象だけど、ふとした時にやさしい

・いじったりからかったりされるけど、本当に困ったときは力になってくれる

・間違っていることはしっかり注意してくれる(女性のためを思って)

 

というものが本当の「やさしさ」です。

 

というわけで、ぜひ女性が求めているやさしさを履き違えないようにしてください。

 

その2、連絡をマメにする男がモテる

マメに連絡を取ることは大事ですね。

メールやLINEや電話をすることです。

でも、間違ってはいけないですよ。

 

それは付き合ってからの話です。

または、相手の女性が好意を抱いている段階での話です。

 

まだ、相手の女性が好意を抱いてない段階で、一方的にメールとかLINEとか電話をしまくっていたらダメです。

これだと嫌われます。

 

よく多いのが、このマメにするということを勘違いして、例えば女性からLINEが来たらすぐに返事を返す。という行為。

 

これ多くのモテないメンズがやってしまうミスですね。

マメにする=すぐに返事を返す

と勘違いしているメンズが多いです。

これは一見マメにしているように思えるかもしれませんが、そうではないです。

女性からすると、「暇人なの?」と思われる可能性の方が高いです。

 

暇人=仕事がない=自分のしたいことがない=自分の意志がない=頼りない

 

このように、基本的に暇な男に女は魅力を感じません。

 

自分の目標や、やりたいことに一生懸命に取り組んだり熱中する姿に魅力を感じる女性は多いですが、暇な男に対して魅力を感じるどころか、逆に「頼りない」と連想されてしまう可能性が高いです。

 

女性に依存心が強い男は、この傾向があります。

 

スマホを片手に「○○ちゃん、いつ連絡くれるかな?まだかな?」と、何度もLINEのやり取りを見返したり、受信ボックスを頻繁に開いたり、こんな依存心の強い男に多いのがストーキングをしてしまうなど、エスカレートすると犯罪を犯しかねません。

 

なので、そんな依存心は捨てて、魅力的な男になるには、自分のやりたいことを見つけましょう。

 

趣味でも何でもいいです。

 

体を鍛えることでもいいです。

 

筋トレでもいいです。

 

僕も筋トレは趣味みたいなもので、ジムに通っています。

自分のために時間を使うようになると、女性に依存するという感覚も薄れていきます。

でもこれが結果的にこれがモテる行動になっていきます。

 

女性にマメにしようと思って、いつでもすぐに返事を返すというのは、絶対にやめましょう。

自分の価値を逆に下げてしまうことになりやすいですからね。

 

そして、あなたは分かっていると思いますが、メールやLINEで女性に好意を伝えるとか、告白するなんてことは絶対にしてはいけません。

 

あなたから一方的に連絡するというのは、「あなたが女性を追いかける恋愛」になりますから、そうなると完全に立場が女性よりも下になります。

 

そして結果的に、これでは恋愛対象に見られないからです。

 

相手から確実に好意を抱かれて、相思相愛になるまでは、メールやLINEとか電話はあくまで連絡手段です。

 

そして、女性に好意を匂わせること、具体的にスキンシップをしたり、好意を匂わせるような発言をしたり、こういったアプローチを仕掛けるのは実際にデートしているときです。

 

デートしている時に積極的になって、メールやLINEではどちらかと言うと、消極的に行きましょう。

 

モテない男は、メールやLINEは積極的です。

マメに返事を返したり、やり取りをたくさん続けようと積極的に頑張ります。

 

でも、実際のデートになると緊張したり自信がなかったり、また女性に対して思い切った、言動や行動ができずに終わってします。

 

女性としては、実際に会うとなんだか違う(悪い意味で)と言ってあなたから離れていきます。

こんなパターンになっていませんか?

気を付けてくださいね。

最後に、あなたが今好きな女性を彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

メルマガではサイトには書けない濃いモテるためのノウハウを教えていますので、今すぐにメルマガ登録しておいてくださいね。

↓↓↓

ナンパ侍賢治の女にモテるメルマガ講座(無料)

 

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^