どうも、僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

今日は母性本能についてちょっと話していきたいと思います。

 

よく母性本能をくすぐると女性からモテる的なことを聞くと思います。

 

でも、勘違いしてほしくないので先に言っておきます。

 

まず「母性本能自体を勘違いしてはダメですよ!」ということです。

 

まず母性本能を正確に知ってください。

 

それでは話します。

 

母性本能くすぐる男性、母性本能をくすぐらない男性、どちらがモテるのか?

 

結論から言うと、母性本能をくすぐる男性の方がモテます。

 

母性本能を勘違いしていませんか?

 

母性本能をくすぐると言っても、どうすればいいのか?

けっこう勘違いされている人が多いです。

 

よく

 

母性本能くすぐる=甘える

 

と考えている人がいます。

 

これは大きな勘違いです。

 

例えば、母性本能をくすぐるために、合コンで、かわいい男性を演じてみる。

 

これは合コンに限った話ではないけど女性の前で「かわいいキャラ」を演じる。

 

これって最悪です。

 

母性本能というものは女性が赤ちゃんに対して持っているものですから、
赤ちゃんの見た目がかわいいから発動するわけではなくて、
自分が赤ちゃんを守っていかないといけない。
自分がいないと赤ちゃんが生きていけないからそれで発動するんです。

 

これを勘違いしている男性が多い。

勘違いして赤ちゃん言葉なんて使った日には最悪です。(笑)

 

「僕ちゃん、○○で✖✖でちゅよ~」

このような言葉使うシーンを想像してみてください。

吐き気がしそうですね(笑)

こんな奴を見ると頭をはたきたくなります(笑)

 

まあ、このサイトを見てくれている方にそんな人はいないと思いますが。

 

母性本能をくすぐる本当の目的とは?

 

そして、母性本能をくすぐるというのは女性に頼るという意味です。

 

女性の性質上ですが、隙が全くなくて完璧な男性を積極的に好むことは少ないです。
何か足りないもの、そこを女性に頼るということです。

 

全部が全部をやる前提での話です。

 

例えるなら、
彼女ができたら掃除であったり、
付き合う前なら、相手の得意な分野とかです。

 

「自分ひとりではこれはこなせないから、どうか力を貸してくれ」
このように、相手の女性に頼ってみるというのも大事な事です。

このような関係が母性本能をくすぐるのです。

 

なんでもかんでも完璧にこなせる男性に対して女性は母性本能をくすぐられるどころか、

「私がいなくてもいいんじゃない?」っとなってしまいやすいですからね。

 

つまりまとめるなら母性本能をくすぐるのは、
自分の欠点についてです。

 

話はしっかりして頼れそうだけど、どこか危なっかしいところがある男や、
向こう見ずで思い立ったら即行動みたいなところがあったり。

 

挙げていけばきりがないですが、
このように自分の欠点を相手の女性に補ってもらう行為が母性本能をくすぐる事になります。

 

なので、くれぐれも母性本能をくすぐるために、
かわいいキャラなどを演じるなどの勘違いはしないでくださいね(笑)

たまにいるんですよね。

 

下手すると「ただのキモイやつ」で終わりますからね。

下手しなくてもキモいやつで終わります(笑)

 

母性本能をくるぐるという意味がある程度は分かってもらえたのではないでしょうか?

 

少しは頼りにしてくれてもいいじゃない?

先ほども言いましたが、なんでもかんでも自分ですべて解決できる男性というのはたしかにかっこいいです。

できる男の鏡ですね。

確かにできる男はモテやすいです。

でも、できすぎる男は逆に女性としては、

「私の事必要としてくれていないでしょ?」、「私は邪魔な感じだよね」、「私がいなくても問題なさそうだよね」

と、このように自分の存在価値が、そこにはないように思えてしまうわけです。

 

はじめは、できる男って魅力的でかっこいいなどと言いながらも、実際付き合ってみたら「自分の存在価値がそこにはない気がする」など、少しは自分の事を頼ってほしいという欲求がたまっていきます。

 

なので、できる男はいいですが、できすぎる男にはならないように気を付けましょうね^^

 

ある程度は女性に頼っていいものなんだ。と思ってください。

 

実際、僕はけっこう女性に頼ることが多いです。

 

家の掃除を頼んだりもそうですが、自分が知らない知識や分からないことなどあると、当たり前に教えてもらうスタンスです。

基本的に、女性に教えてもらう。というスタンスは、相手の女性をリスペクトして結果的に彼女の事を頼っていることになりますので、例えば女性が詳しい美容に関するとことなどを色々と教えてもらったりするだけでも女性は嬉しくなるわけです。

 

僕はよく美容に関しては女性に聞くようにしています。

例えば、

「今度人生初のヘッドスパに行ってみたいんだけど、○○ちゃんの知っているおすすめのヘッドスパのお店ってどこ?」

「今度沖縄旅行に行こうと思うんだけど、○○ちゃんがおすすめの沖縄のスポットってある?」

「友達複数人で合コンすることになったんだけど、○○ちゃんが知ってるオシャレなお店ってこの辺にある?」

 

このように、他にも色々と女性に頼る事はよくあります。

 

女性に頼るという事は、相手の女性の得意な分野の話題を引き出すことにも繋がりますので、女性も気持ちよく答えやすいですし、「それなら私に任せて!」というように自分の得意分野だと、ベラベラとしゃべりだすので、相手の女性とまだ仲良くなれていないとか、もっと仲を深めていきたいという場合にも使えたりします。

 

もっと、母性を上手くいじって、女性に手伝ってもらいましょう

今回お伝えしてきたように、母性本能をくすぐるという意味はこういうことなので、今後あなたも女性に対して、このように母性をくすぐるような発言や態度を積極的に取っていってみてください。

 

「俺は女には頼らないぜ!」「自分で何とかしてやるぜ!」という考え方を否定しているわけではないですが、ある程度は女性に頼ってみるという事も恋愛を上手く進めていく上で大事な事ですからね。

 

ふとした時でも、女性に頼って「教えてもらうスタンス」で接することによって「私を頼ってくれている」「私を必要としてくれている」「私の事を認めてくれている」というプラスの感情になりやすいですし、このようにプラスの感情が続くと、女性は相手の男性の事をじょじょに好きになっていきます。

 

いつも言っているように、女性にモテたいなら「感情を動かせ!」という意味もここに繋がります。

 

これから、出会った女性に対してでもいいですし、今すでに出会っている女性に対してでもいいので、「母性本能をくすぐる」という今回お伝えした内容を、ぜひ実践してみてください^^

 

もしかしたら、女性によっては、コロっと落とせてしまうかもしれませんよ(笑)

 

まあ、冗談ではなくてマジで効果があるので試してみて下さいね。

男はプライドが邪魔をして、なかなか女性に教えてもらうことができない人が多いですからね。

逆に、女性に自分の知識をひけらかすようなアンポンタンも中にはいますしね(笑)

これでは、一向に女性にモテることは期待できませんよ。あなたは気を付けてくださいね。

 

最後に、あなたが今好きな女性がいて、彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

僕のメルマガではサイトには書いてない濃い恋愛テクニック、モテるためのノウハウ、女性を落とす画期的な方法をご紹介していますので、メルマガ登録しておいてくださいね。

メルマガ

 

これから女性にモテる男になりたいというのであれば、メルマガのテクニックなどをどんどん吸収していってください。

そして、結果的にスーパーサイヤ人(最強のモテ男)になっていきましょう^^

 

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^