女性を落とすには3回目のデートが一番成功率が高い?

女性を落とすには3回目のデートが一番成功率が高い?

ary34y3y3y3

このブログで以前女性を落とすために

デートの回数に関して話をしましたね。

 

さて、あなたは女性と付き合うまでに

何回目のデートが一番落としやすいと思いますか?

デートの目安についてどのように考えていますか?

 

貴方が今ちゃんと好きで付き合いたいと思っている女性がいるならば、

やっぱり最初のデートで体の関係を持ってしまったら

互いがやすっぽい関係になってしまうので

あまり長続きしにくくなります。

だからといって

デートの回数を5回とか6回とか7回とか重ねていき

せっかく二人きりでデートをしているのに、

全くスキンシップをしなかったらどうなるでしょう?

 

手をつなぐこともせず女性に触れることをしなかったら?

何回もデートを重ねているのにキスもしなかったら?

そうなるといくら気が長い女性であっても

進展がないので時間の無駄だと感じてしまい

そのうちあなたの前からフェードアウトしていきますよ。

 

だから、デートではやっぱり早くて2回目で体の関係を持つ。

遅くても4回目、5回目ではしっかり体の関係を持つようにしておきましょう。

 

そうすることで、恋人関係に発展していきますからね。

さて、というわけで一番落としやすいのは何回目なのか?

これはだいたい戦略を立てやすいのが3回目のデートですね。

 

この3回目で落とすのが一番無難です。

 

もちろん、これはあなたと相手の女性の関係にもよるものですが

このぐらいの感覚で女性を落とすのが無難です。

そうすることで早すぎることもないし

逆に間延びしてしまうこともないからですね。

ほどよい回数というのがこの3回目ということになります。

例えばですが、

以下のように考えてステップアップしてみましょう。

 

1回目のデートでは手をつないでおく

2回目のデートではキスまで済ませておく

3回目のデートでは体の関係を持っておく

 

このようにしてデートの回数を重ねていき

そして回数が重なっていくごとにスキンシップをじょじょにエスカレートさせていくのです。

そうすることで、自然な関係に発展させることが可能となります。

 

また、ここで一つ問題となりますが

やはりデートとデートの間では連絡のやり取りが生まれます。

 

女性と出会い、デートをする。

初デートを終えたら2回目のデートまで連絡のやり取りをする。

2回目のデートが終わったら3回目のデートまで連絡のやり取りをする。

このブログでは初デートの後の連絡の取り方

そして、2回目のデートまでの連絡の取り方についてお話ししています。

 

そして、今回は2回目のデートの後、

3回目のデートまでの連絡の取り方はどうしたらいいのか?

これについて話していきますね。

やっぱり3回目のデートで完全に相手の女性を落とすためには

メールでの連絡のやり取りに関しても慎重になるかと思います。

 

なので今からしっかりこの部分について

今からしっかり掘り下げて話していきますので

3回目のデートまでが不安でどのように連絡を取ったらいいのか?

また相手の女性を確実に落とすためにどうしたらいいのか?

これについて不安がある人は参考にしてくださいね。

 

さて、まずは復習です。

あなたが好きな女性と出会い

彼女と付き合うまでの間

基本となることがありましたね。

覚えていますか・

 

それは、

彼女と会っていない時間は好意を見せないこと。

逆に彼女と会っているときに好意を匂わせること。

この二つが大事になるということですね。

なので、メールのやり取りにおいても

好意を丸出しにしてやり取りをするのではなくて、

デートの時にはやはり思わせぶりな態度とか発言とかまたはスキンシップで

相手の女性に好意を匂わせていくということです。

 

これが出来る男性はモテます。

でも、モテない多くの男性は

メールでのやり取りで好意を出してしまうんですね。

例えば、落としたい女性からメールが来たら即返信する。

または、返事が来てもないのに何通も送ったりする。

 

その女性と会ってない時に好意を丸出しにします。

でも、肝心のデートになると緊張からか恥ずかしくてスキンシップの一つもできずにいます。

 

こうなると女性からの印象は

メールでは媚びているような感じにとらえられ

肝心のデートの時に何もできずにいるチキン野郎というレッテルを張られるのです。

そうなるとその男性に対して何の価値もない男を判断されてしまうのです。

 

また、モテる女性において

このように価値のない男性を何十人と見てきているわけですからね。

だから、あなたがこれらの男性と同じ行動をしていたら?

 

「また、この男も他の男と一緒か」

このように判断されて見下されます。

自分よりも相手の男性が完全にしたの存在と判断したら

女性はその男性を恋愛対象から除外します。

 

というわけで、女性と付き合うまでの間

メールのやり取りなんて連絡事項ぐらいで事足ります。

それ以外の不要なメールを送る必要はないです。

 

淡白な内容のメールでいいのです。

具体的に言うならデートの待ち合わせ場所と時間

これらをメールするぐらいでいいのです。

 

そして、このスタンスは

落としにかかる3回目のデートまでの間

継続させておいて構いません。

 

2回目のデートを終え、そこでスキンシップをして

キスまで済ませておけばだいたいかなり仲が深まっているので

毎日メールをしたくなる気持ちはわかります。

今まで淡白な内容のメールから

朝は「おはよう」寝る前には「おやすみ」

このような内容のメールを送りがちです。

でも、これは正式にカップルになる前はしないほうがいいです。

 

相手の女性から確実に好意を持たれている状態。

つまり告白されたり、または付き合うことになっていたり、

女性と体の関係を持っている段階でないのであれば

メールのやり取りはまだ最低限の連絡事項だけで事足ります。

 

逆に、それどころか以前よりも淡白で

素っ気ない対応の方が効果的です。

 

たしかに

「初デートでスキンシップして、2回目のデートでキスまでして

 いい感じに仲が深まっているんだからもっとメールの頻度を増やしたほうがいいだろう。

 なんで素っ気ない態度を取るんだよ?」

このように思われるかもしれませんが、

多少メールの頻度を増やしても問題ないです。

でも、3回目のデートの前段階で

こちら側が素っ気ない対応をすることで

女性の感情が揺さぶられるんですね。

 

つまり女性の感情は以下のように変化しているのです。

わかりやすく流れをまとめると

1、初デートまでの間のメールのやり取り(デートの待ち合わせ事項のみ)

2、初デート(軽いスキンシップとか思わせぶり発言をする。そして次回のデートの約束)

3、2回目のデートまでのメールのやり取りり(デートの待ち合わせ事項+共通の話題のメールなど)

4、2回目のデート(スキンシップをエスカレートさせる。キスを済ませる+次回のデートの約束)

5、3回目のデートまでのメールのやり取り(素っ気ない対応でデートの待ち合わせ事項のみ)

 

さてこの流れあなたは理解できましたか?

ポイントは3回目のデートまでのやり取りの内容を2回目のデートまでのメールのやり取りの内容よりも素っ気ない形にするということ。

そうすることで、

女性としては2回目のデートでキスまでしているのでお互いがかなりいい感じになっている。

仲が深まってあなたに対して、自分に好意を持ってくれていると女性は思います。

 

でもその後のメールが素っ気ない、もしくは返信が遅いと

放置されている気分になったり無視されている気分になります。

 

そうなると女性としては

「ええ!?このあいだのデートの時のキスはなんだったの?」

「私の事好きだと思っていたのに!」

 

このように女性の感情を揺さぶることができるわけです。

そして、混乱した女性は

「何か嫌われるようなことしたかな?」

「ほかに好きな人でも出来たのかな?」

「次のデートキャンセルされたらどうしよう?」

 

このように彼女の中で不安が募ります。

そうなると焦りが出てくるのです。

人間という生き物は自分が手に入ると思っていたものが

突然目の前から消えて遠くに行ってしまうことで焦りが生まれます。

そして、何としても手に入れたいという気持ちになります。

 

仲良く普通にメールのやり取りをしていたら女性の感情を揺さぶることはできません。

なので、3回目のデートまでのメールのやり取りは素っ気ないぐらいがちょうどいいのです。

 

そして、3回目のデートの前々日あたりにあなたからデートの待ち合わせの連絡事項を女性にメールします。

 

そうすること女性はホッとしてめちゃくちゃあなたからのメールに対して喜びを感じます。

そして、女性によっては

「全然メール返してくれないからデートなくなったのかと思ったよ」

このようにお怒り気味で話してくる女性もいます。

 

でも、

このような反応が女性に効いているという証拠であり、

あなたは全く媚びる様子もなく堂々としていることで

価値のある男と思わせることができるようになるのです。

適当に「仕事が忙しかったから」と言っておけばいいのです。

 

というわけで、3回目のデートまでのメールのやり取りについて理解してもらえたかと思います。

今までと変わらずに必要最低限の事だけをメールするということ。

 

逆に3回目のデートまでのメールは

女性の感情を揺さぶるために返信時間を遅らせたり、

素っ気ない対応のメールにしてみたりすることにより

デートでのスキンシップや思わせぶりな態度などがギャップとなり

女性の感情を大いに揺さぶることになります。

そうすることで、あなたが価値のある男性という位置づけができるのです。

 

ちなみに、このように余裕の対応で女性の感情を揺さぶれるのは

2回目のデートの時にしっかりと次回のデートの約束をしているからです。

 

なのでデートの時に次回のデートの約束を取り付けるというスタンスは守りましょう。

 

何度も言ってますが

その女性と付き合うまでは最低限のメールのやり取りでいいのですよ。

会ってない時に好意を見せるのではなくて、

実際に会っているときに好意を匂わせていくということです。

 

付き合うまではメールは連絡事項だけで事足ります。

無駄なメールを送る必要はないのです。

 

無駄なメールを送るのは付き合ってからにしたらいいのです。

それでも、ちょっと冷たいんじゃないの?

このように思う方もいると思いますが

むしろこれぐらいが丁度いいのです。

 

他のライバルたちが必死になって彼女にがっついている中で

あなたがけが余裕をもった対応をする。

そうすることで女性としては特別な存在とあなたのことを位置づけるようになるのです。

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^