どうも、僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

デートに女性を誘って断られてしまった。。。

という経験あなたもあるでしょ?

 

でも、今後あなたが女性をデートに誘って断られなくなったらどうですか?

 

いたってシンプルにデートにこぎつけることができるようになると?どうでしょう?

 

今まで逃してきたチャンスが増える。そして女性を落とせる確率が高まる。

 

単純に女性と接触できる回数が増えるので落とせる確率も上がるってもんですよね。

 

なので、今回はあなたが今度デートの誘いを断られないためのコツを動画でシェアするから見ておいてくださいね。

 

デートを断られないコツ!女性に逃げられない誘い方

 

 

動画見てくれましたか?

ちゃんと見ておいて下さいね。

 

女性に断られずにデートにうまく誘い出すためには、こうやってデートを女性に了承させるってことですよ。

デートに普通に誘うメンズって多いよね。

 

例えば、「ご飯行こう」「遊びいこう」などと、こういう普通の誘い方をするメンズって多いんだけど、これでは誘った理由が明確ではないからデートを断られる確率ってかなり高いんだよね。

 

こんなことでは女性がデートに来てくれる確率って低いものになってしまうわけだ。

昔の僕もこんな誘い方してたからよく分かるんだよね。

ただ誘えばいいってもんじゃない。

 

やみくもに誘ってもうまく行かないのは、相手の女性があなたに会うことに対して、まだ価値を感じていないわけですよ。

 

人は価値がある事は優先するが、価値がない事は後回しにする

人は価値がある事とない事では、どちらを優先します?

もちろん価値があると思う方を無意識で優先しますよね?

 

例えば、あなたが興味のある女性と興味のない女性の二人から、食事に誘われたらどうしますか?

 

あなたは興味のある女性との食事を先に優先すると思います。

これは女性も同じです。

 

あなたと会うことに対して、相手の女性がまだ価値を感じていないのであれば、他の部分であなたに会うことに対しての価値を上げるしかないわけです。

 

やみくもに誘うのではなく、女性があなたに会う価値を感じてもらう

だから、そんな女性を誘い出すために、ただやみくもに「ご飯行こう」とか「遊ぼう」とか「飲みに行こう」とか、こういった誘い方をしていてはダメなんですね。

全然、「行きたい」と思えないわけですよ。

 

「楽しそう」

「面白そう」

「美味しそう」

「気になる」

「行ってみたい」

「見てみたい」

「会いたい」

ざっくりとですが、女性の感情をこのように動かすことができないと、デートに誘い出すことはできません。

あなたに会うことによっての、メリットを提示しないことには、あなたに対して興味を持っていない女性を誘い出すことはなかなかできないよ。ということです。

 

だから、もっと高い確率で女性をデートに誘い出すためにはデートに誘うための目的とか理由を明確にすることが大事なんだよね。

 

そして、ただ単に女性に会いたいとか、そういう理由でデートに誘うのではなくて、他に理由を付けて女性を誘い出すってことをやるべきなんだよね。

 

例えば、「この間すげー美味いもつ鍋屋見つけたんだけど、まだ1回しか行ったことなくて、1人で行くのもあれだから、よかったら○○ちゃん一緒にどう?」という感じでね。

 

仮にその女性がもつ鍋が好きなら、この誘い方で十分乗ってくるでしょう。

ただ、相手の女性があなたに対して、「嫌悪感」を抱いている場合などは、これでも誘いに乗ってくる確率は低いです。

誘う目的が明確であれば、伝わる印象が変わる

こうやって誘う目的とか理由が明確になっている場合、女性は直接「私に会いたいから誘ってきている」という感じを受けないわけですよ。

 

「もつ鍋が食べたいから誘った」ということが1つの理由になっているわけです。

 

そのためにあなたを一緒に連れていくんだよ。という誘った理由がついでに誘ったかのように聞こえるわけです。

 

なので、直接的に好意を伝えているわけでもなく、むしろ好意が分からない。

 

「今度ご飯いこう」とか「今度遊びに行こう」だと直接的に誘っているので好意がばれてしまうわけです。

 

「私に興味があるから一緒にご飯に行きたいんだわ」

「多分、私の事が好きだから誘ってきてるんだわ」

 

このように、相手の女性に好意がバレやすいわけです。

 

このサイトで何度もお伝えしているので、あなたも十分理解していると思いますが、まだ会いあての女性があなたに対して好意を抱く前の段階で、あなたの好意が女性にバレてしまったら、力関係があなたが女性を追う立場になり、女性はあなたから追われる立場になります。

 

追われる立場としては、本能的に逃げたくなるわけです。

 

自分が好きな男性であれば、女性も逃げずにその男性の想いを受け入れるわけですが、まだそうでない段階の場合は、逃げて行ってしまいやすいわけです。

女性に追わせる方法についてはこちらで詳しく説明してます。

 

女性から距離を開けられるとか、警戒されるとか、思うように誘いに乗ってこないとか、そういった場合は、まだ早い段階で好意がバレてしまっている可能性が高いです。

 

相手の女性に会うことを目的として、これを優先した誘い方をしてしまうと、女性に伝わる印象としては、あなたの好意がバレやすくなってしまいます。

 

しかし、例えば女性を誘う時に優先順位のはじめに、「食事」を持ってくるとどうなるのか?

「食事が目的」として誘うことによって、女性に会うことが目的で、誘った感じはしません。

食事という誘った目的が明確になりますし、またその主張が強く印象に残りやすいです。

 

優先順位が相手の女性ではなく、どちらかと言うと、食事を優先している方に重きを置いているように感じられやすいので、女性としてはこの段階では、まだ自分に対して、確実に「好意があるのかどうかが分からない」わけです。

 

まだ、恋愛感情が湧いていない女性に対して、直接的に誘っても好意がバレてしまって結局は警戒されてしまう可能性の方が高くなります。

 

だから、直接好意がバレないように考えて行動することが大事です。

 

そう考えるためには、結論として動画でお伝えしているように理由を付けて誘う事によって、女性は誘いに乗ってきやすいってのがあるんですよね。

 

あなたもこのように今後女性をデートに誘い出すときには理由を付けて誘うってことをやってみてくださいな。

 

女性を誘う事にすべて理由を付けていくことを考えるようにしてください。

食事に誘う以外でも、ホテルや自宅に誘う時でも必ず理由を付けて誘う事です。

ただ、「ホテル行こうよ」「泊まっていきなよ」「家においでよ」と、このように誘っても女性からイエスを貰える確率は低いです。

こんな誘い方をしても、あっさりと断られることは目に見えています。

「今日は朝まで一緒に居たいから、家においでよ」

このように誘うことです。

「朝まで一緒に居たい」というのが理由になります。

 

先ほども言いましたが、女性を誘う時には理由を付けること。

何かしら行動を起こさせるためには、理由を付けて伝えることが大事です。

 

女性は理由があれば、納得して腰を上げて行動に移しやすくなります。

 

そうすることによって、女性からデートを断られるという確率を下げることができますよ。

 

最後にあなたが今狙っている女性を短期間で落としたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではサイトには書けない濃い女性にモテるためのノウハウを教えていますので、今すぐにメルマガ登録しておいてくださいね。

ナンパ侍賢治の女にモテる驚愕のメルマガ講座(無料)

 

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^