聞き上手な男がモテる6つの要素とモテない男との違い

どうも、ナンパ侍賢治です。

 

聞き上手な男性はモテるということをあなたも聞いたことがあると思います。

 

確かに聞き上手な男性はモテやすいです。

 

僕の経験上からも分かりますが、デートでの会話など一方的に男性がしゃべるのではなくて、女性の話を聞いている時間を長くして、男性が話す量や時間を短くした方が女性から好感を得られやすいというのは間違いないです。

 

では、なぜ聞き上手な男性が女性からモテやすいのか?

それは、基本的に女性はおしゃべりが過ぎる生き物だから、どんどんしゃべらせることによって気分を良くしていくことができます。

例えば、あなたが友人と会話している時に、自分が好きな事や趣味について友人に熱く語ったときに、それを友人が親身になって聞いてくれたらどうでしょう?

おそらく気分が良くなると思います。

 

そして、話をしっかり聞いてくれた相手に対して、無意識に良い印象を持つと思います。

 

「なんか○○とは気が合うかも」というように、話を聞いてくれる相手に対して無意識に好感を持てるわけです。

逆に、話をほとんど聞いてくれずに、途中で遮断されたらどうでしょう?

話を途中で遮断されると不快な気分になると思います。

そして、人によっては「あれ?コイツなんか面倒くさい」と思うかもしれませんね。

 

基本的に、人は自分の話を聞いてもらえなかったり途中で話を遮断されると、相手に対して不快な印象を持ちやすくなります。

 

逆に、人の話を聞くことができる人は、人とのコミュニケーションを円滑に進めていきやすいです。

 

優秀な営業マンが、人の話をしっかり聞くことができるのはそのためです。

相手が思わずたくさん話してしまうように自然と誘導していくことができます。

つまり、聞き方が上手なんです。

 

これは女性を口説く時にも同じように使えます。

 

しかし、恋愛となると自分の事を良く見せようと思ったりして、女性に自分の事をアピールすることに意識がいって、「他の男性よりも自分の方が優れている」ということをアピールしてしまいがちです。

 

これがいわゆる自慢話に繋がったりして器の小さい男に成り下がる原因でもあります。

 

女性の話を聞くことで、女性を楽しい気分にさせることができやすいです。

 

なので、聞き上手な男性は女性から好感を得やすいので、モテやすいということになるわけです。

ノリ男
聞き上手な男性を目指します!モテたいので女性の話は聞くように心がけます!
賢治
素晴らしいね!聞き上手になると女性に好感を持たれやすくなるからね。「なんか気が合うかも」などと思わせやすくなるよ」

女性は男性の3倍話すのが好きということがよく言われます。

もちろん女性は誰にでもおしゃべりというわけではないです。

信頼できそうな男性や、心を許せる男性、もしくは話したくなる空気を作ってくれる男性に対しておしゃべりになります。

こういう男性は女性も一緒にいて「この人とは気が合う」「この人と居て楽しい」と感じやすいのでモテるわけです。

こちらも参考にしてくださいね。

 

 

女性が話したくなる聞き上手な男性になるリアクション

テレビでお笑いなどを見ていると分かりやすいのですが、オーバーリアクションをして会話を盛り上げるのが得意な芸人さんがいますよね。

例えば、明石家さんまさんとかが代表的に分かりやすいかと思います。

さんまさんは、身振り手振りでオーバーリアクションが過ぎますね(笑)

そして、常に笑顔です。

女性が話したくなるような聞き上手なリアクションを見習うには参考になります。

さんまさんのようにまでオーバーリアクションをしましょう。というわけではないですが、彼のように身振り手振りでリアクションをすることによって、女性も楽しく会話しやすくなりますので、べらべらとしゃべらせることができやすくなります。

 

今まで無表情で女性と会話していませんでしたか?

 

笑顔少な目で無表情よりも、オーバーリアクションで笑顔の方が女性の食いつき度合いが違ってきますので、聞き上手を目指すためのポイントとして1つ実践してみてください。

 

女性に相談を持ち掛けられたら、とにかく聞き役に徹する

女性も信頼できる人やある程度好意を持っている男性に相談することがあります。

あなたが女性に相談を持ち掛けられた場合は、とにかく女性の相談を最後まで聞いてあげましょう。

そうすることで、さらに女性から好感と信用を得ることができやすいですからね。

逆に、自分の意見を挟もうとしてはいけません。

よくアドバイスをしたいと思って、自分の意見を女性が話している途中に挟もうとしてしまう男性がいますが、これでは聞き上手とは逆に「私の話を聞いてくれない・・・」となって信用を失う可能性が出てきます。

女性が相談をしてきた場合は、最後まで聞き役に徹すると吉です。

途中であなたの考えや思いを挟もうとするとそれは「ありがた迷惑」となりますので気を付けましょう。

女性の悩み相談を聞くときに注意することとは?女性が不機嫌になる前に知っておこう

2014.01.07

 

女性の話にオチを求めない

女性の話はオチがないことが多いです。

色々と回りくどく会話があっちこっちに飛んでしまう場合が多いです。

そこで、「で?オチは?」とか「で?結局どうなったの?」とか「ん?結局何が言いたいの?」などと、オチや結論を迫るように聞くことはNGです。

男性同士の会話では結論から話すことが多いですが、女性の場合は結論やオチよりも、会話を楽しむことを優先して話していますので、結論から迫ると「ちょっと、いいから聞いてよ~」とか「まだ、先があるんだよ~」というように言われやすいです。

 

話の途中で矛盾していると思ったり違和感を感じたりして結論を先に求めるような対応は辞めた方がいいです。

それよりも、話が飛び飛びで矛盾していたとしても、女性の話を最後まで聞くという姿勢の方が好感を持たれやすいですからね。

「ちゃんと私の話を聞いてくれる」と思われることを目的として女性との会話を楽しみましょう。

 

聞き上手な男は女性との会話中、携帯やスマホを触らない

けっこうやってしまいがちですよね。

スマホや携帯を触っている姿を見ると「ああ、私の話聞いてくれないのね」「私の話に興味ないんだわ」と高い確率で思われます。

あなたも逆の立場だったらどうでしょう?

話している時に相手が携帯やスマホをいじっていたら、「話聞いてないじゃん」と思いますよね。

そして、「私と居ても退屈なんだろうな」と思われやすいので、気を付けましょう。

現代人は何気なく携帯やスマホを触る癖がありますからね。

こういった態度も女性から話を聞いてくれないと思われる原因となります。

お気に入りの女性とのデートや彼女とのデートの時は、メールやLINEがきても急用でない限りはその場で返信しないほうがいいです。

女性に不快感を与えることになりますので、後日会うことが難しくなりますよ。

 

聞き上手な男は話を聞きながら質問を上手に入れる

 

なんでもかんでも

「そうなんだ、そうなんだ」で相槌を入れて終わりにするのではなくて、上手に質問を入れていくことです。

「そうなんだ~!まじでそれはヤバいよね?」とか「そうなんだ~!すごいね!それからどうなったの?」というように、相槌と質問をうまく入れていくことによって、女性が楽しく話しやすい空気を作ることができます。

ただ、相槌を入れるのではなくて、相手の女性が話しやすい雰囲気や空気を作るために、質問も上手に使って会話をつなげていきましょう。

これは、会話中だけではなくメールやLINEでも同じように使う事ができます。

女性は好きな男性や好意を持っている男性に対して、どうでもいい内容のメール(今日の出来事など)を送ってくることが良くあります。

例えば、

「今日、大阪行ってきたよ~」

などと言った報告ですね。

「お!そうなんだ!大阪行ってきたんだ^^なんで大阪行ったの?」

「イベントの仕事があったんだ~^^」

「そうか~!仕事でね~!楽しそうだね^^何のイベント?」

というように、どうでもいい内容のメールでも、うまく質問を入れることで、女性を主役にした内容のメールを続けやすくなるので、好意を持たれやすくなります。

自分に興味を持ってもらえていると思って女性も嬉しくなりますので、質問をうまく入れていきましょう。

聞き上手な男性は、このように女性にうまく質問を入れていくことができるので「私に興味を持ってくれている」と思って女性は満足感に浸れやすくなります。

 

相槌だけで聞き上手な男性にはなれない

よく女性にモテるためには聞き上手になりましょう。

聞き上手になるためには、相槌を入れましょう!ということを言われます。

確かに女性との会話で相槌を入れることも大事ですが、相槌だけで聞き上手になれるのか?と言えば違います。

先ほどもお伝えしたように、女性の話に質問を入れるという事が大事です。

「なるほど~」「そうなんだ~」「へ~」「ふーん」などといった相槌だけでは、女性は「何よ?退屈そうね」と思って、不機嫌になったり、沈黙になってしまいやすいです。

相槌は入れますが、相槌だけでは話は続きにくいですし、女性も会話を楽しむことはできません。

機械的に相槌を打つだけは、「私の話に興味ないなら無理に聞かなくていいのに」と思われます。

なので、女性が話しやすい空気を作ったり雰囲気を作ることが大事です。

聞き上手な男性はモテます。

女性の話を聞くということは、女性が話してくれないことには成立しません。

 

ただ、相槌だけをしているだけでは、女性は退屈して話したいと思いませんし、また女性が話しはじめるのを待つしかありません。

そうではなくて、女性が話したくなる雰囲気や空気を作れる男性を目指しましょう。

そのためには、女性が話しやすいきっかけを作ってあげることです。

「では、今から1時間好きなだけ話してください」と言われても「え?そんなの無理・・・・」となりますよね。

1時間もしゃべりっぱなしなど、セミナー講師か演説で慣れていないと無理ですよ(笑)

でも、話すきっかけを与えてもらえたら話せるわけです。

なので、女性が話しやすくなるきっかけを作ることが聞き上手でモテる男になるためのポイントです。

ただ、聞き上手な男性になるために、女性がしゃべりだすのを待っていても無駄ですよ。

自分から女性がしゃべりやすい雰囲気やきっかけを作ってあげる努力が大事です。

きっかけ作りとしては女性を褒めるということがおすすめですね。

参考にしてください。

女がメロメロになる褒め言葉をいつも口癖にしよう

2017.02.14

 

聞き上手な周りのモテ男を観察してみる

 

あなたの周りにも女性にモテる男が1人や2人ぐらいはいるかもしれません。

そのモテるであろう男性が女性とどのように接しているのかを観察するというのも学ぶ姿勢としておすすめですね。

 

モテる男性が女性と会話している時にどのように女性の話を聞き出しているのか?

 

雰囲気の作り方は?

相槌の打ち方は?

質問の入れ方は?

恋愛初心者で女性と会話をうまくできる自信がないという場合は、周りにモテ男がいる場合は、彼らの女性への接し方を観察してみると「あー、なるほど!」というように、女性が話したくなる聞き方や雰囲気が伝わってくる事もあると思います。

ノリ男
聞き上手な男になるために、相槌もそうですが、女性が話したくなる雰囲気作りが大事という事がよく分かりました。話したくなるきっかけを与えることができないと女性はしゃべってくれませんよね。
賢治
そうだね。聞き上手になるために、ただ女性の話に相槌を入れておけばいいというわけでもないんだよね。そもそも女性が話したくなるような空気を作れるかどうかが大事なんだよ。
ノリ男
勉強になります!女性がしゃべりたくなるようなきっかけ作りとして、会話中に女性を褒めることなどを取り入れていけばいいということですね?
賢治
そうだね。女性の話を聞きながら上手に女性を褒めることに慣れてくると、女性に話しやすい雰囲気を作ることができやすいからね。そして、女性の話に質問を入れて「興味がある」という姿勢を見せることによって、女性は嬉しくなってこちらに好意を持ってくれやすくなるわけだよ。デート中に女性と会話が盛り上がらないという場合は、以下も参考にしてみてね

デートで会話が弾まない?目の前の女性を楽しませる会話ネタとコツ

2018.07.20
ノリ男
なるほどですね!(^^)!今回も勉強になりました!女性を楽しませる会話ネタとコツの方参考にさせていただきます。

 

最後に、あなたが今好きな女性がいて、確実に落として彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

メルマガではサイトには書けない女性にモテる裏テクニックを教えているので楽しんでいってください。

 

意中の女性を10日で落とすメール講座


10日で意中の女性を落とす能力が身に付くメール講座!!

メール講座限定で以下5つのマニュアルをプレゼントしています。

 

(期間限定!間もなく配布終了します! 1万ダウンロード突破)

 

 

●一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
●メールやLINEをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!

●キャバ嬢惚れさせマスターガイド!

●片手間0円でギャルや人妻のセ〇レを作る方法!

●思わず女性がとろけてしまうキスの極意!

実践者の感想や口コミ

 

また、メール講座限定でサイトには書けない意中の女性を落として虜にできる禁断の裏テクニックをこっそり教えています!

 

チビで口ベタで金なし。

そんなモテ要素なしの冴えない男でも手にできた7つの快感!

 

1、意中の女性を振り向かせる快感!

2、意中の女性に好かれる快感!

3、意中の女性とセックスする快感!

4、意中の女性と付き合える快感!

5、意中の女性に愛される快感!

6、意中の女性と過ごせる快感!

7、意中の女性を虜にできる快感!

 

あなたがたった1度きりの貴重な人生に好きな女性を自分のモノにできる刺激とワクワクと体を重ね合える圧倒的幸せを求めるなら下記より【10日間で好きな女性を落とすメール講座】へ期間限定今だけ無料でご参加ください。