簡単に女性と手をつなぐ方法とは?

2ggwrg34g34g

 

どうも僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

やっぱり恋愛して好きな女性ができたら誰でも手を繋ぎたいって思いますよね?

あなたも思うでしょう。

 

男性としてこれは自然な感情だと思います。

もちろん女性も好きな男性と手を繋ぎたいと思っています。

 

でも、この手をつなぐタイミングですけが、初デートでいきなり手をつなぐことがいいのか?

それとも、2回目のデート以降がいいのか?

はたまた、付き合ってから手を繋いだ方がいいのか?

人それぞれ考えがあると思います。

 

このサイトでは再三デートの時にはしっかり女性にスキンシップを行うよう言ってきました。

 

デートでスキンシップを行うことができないと、その女性を落とすことは難しくなります。

 

手をつなぐという行為もスキンシップの一つなんですね。

だから積極的につなぐことができる人はモテやすいです。

 

でも、手をつなぐタイミングがわからないとかどうやってつなげばいいのかわからないという人は多いです。

なので、女性との手のつなぎ方が分からないという方は今回の話を参考にしてみてくださいね。

 

手をつなぐという行為。これはそもそも女性としてはどう受け止めているのか知りたいですよね?

 

女性としては手をつなぐことで、「この人は私との関係を発展させたいと思っている」と勘付きます。

また、好意があるということも勘付きます。

 

手をつなぐという行為=あなたに興味がある

 

ということなんですね。

 

さて、では女性としては付き合う前に手を繋いでくる男性に対してどう感じているのでしょう?

 

おもしろい質問があったので紹介しておきます。

 

「付き合う前でも、相手の男性のことが好きだったら、何回目のデートで手をつなぎますか?」

 

この質問に対してベストアンサーが以下のようになりました。

 

「付き合う前から手をつなぐのはちょっとおかしくない?付き合ってからならすぐ繋いでもいい」

このような回答がありました。

 

さて、男性としては手をつなぐ行為を何回目のデートで行うか考えたりするものです。

 

でも、女性の意見としては付き合ってからでもいいという女性。

または好意がある男性となら1回目のデートでもOKという女性。

 

女性のタイプによってこれは異なります。

でも、これは女性の食いつき度合いによりこれもまた異なります。

なのでもちろん1回目のデートから女性に好意を持たれることにより、手をつなぐこともできます。

 

もちろん相手の女性によって考え方がいろいろありますけど、基本的には積極的に手は繋いだ方がいいです。

 

もちろんいきなり手をつなぐというのは難しいです。

はじめは、恋愛初心者の男性がいきなり女性と手を繋ぐことはできないという場合が多いでしょう。

 

昔の僕もそうでしたのでよく分かりますよ。

「いきなり、手を繋ぐって・・・オレにはできねー!恥ずかしいよ!」

もしくは

「恥ずかしいし、もしも嫌がられたり、断られたらどうしよう・・・」

 

このように躊躇してしまう気持ちわかります。

 

何度も言いますが、手をつなぐまでにやるべきスキンシップを済ませておくことが大事。

そうすることで手をつなぐことは自然な流れになります。

 

やるべきスキンシップとは、女性の髪を撫でたり、肩に手を回してみたり、

頭をポンポンしてみたり・・・

軽いスキンシップから徐々にスキンシップの度合いをエスカレートしていくこと。

このスキンシップをちゃんとしておけば、手をつなぐことなんて簡単です。

 

スキンシップを行う前に手をつなぐという行為は難しいですからね。

 

手をつなぐという行為もある意味告白と同じですからね。

しっかり見極めがポイントです。

 

一か八かで手をつないでみようと思うなら、それでも勢いがあって、そのままいける時もありますが。

 

なるべく、スキンシップの延長に手を繋ぐ行為があると考える方がいいです。

 

また、女性側からの食いつきを感じたら積極的につなぐべきです。

 

例えば、

こちらをじっと見つめてきたり、女性の方から質問を頻繁にしてきたり、次に会う時のことを楽しみにしていたり、向こうからボディタッチをしてきたり、このような明らかに女性側からの食いつきを感じた時など、積極的に手を繋ぎましょう。

すると、ほぼ確実に手をつなぐことができます。

 

しかし、これらの食いつきがないうちに手を繋ごうとして失敗したら、その後のデートを断られる可能性が出てきます。

 

では、食いつきがあるので1回目のデートから手を繋ごう。

 

これが正解なのか?

 

あなたも気になると思います。

 

そうですね。

 

僕的には1回目から繋いでもいいのですが、女性によっては1回目のデートから手をつなぐこと

これにより「軽い男」、「遊んでいる男」、「女性慣れしている男」このような感情を抱かれることが多々あります。

 

なので、確実に成功率を高める。

そして、チャラ男と思われないためには手をつなぐのは2回目のデートが一番無難でしょう。

別にチャラいと思われることが悪いわけでもないですが、女性によっては警戒する場合もあります。

 

なので、そういった部分を含めて考えるなら確実に手をつなぐには2回目のデートです。

1回目のデートで好意が伝わり2回目のデートがなくなるというリスクを考えると、やはり1回目のデートは軽いスキンシップ程度にしておく。

そして女性を楽しませることです。

そして、2回目のデートに期待をさせる。

 

そうすることで、女性に

「この人わたしのことどう思っているのだろう」と、女性に追いかけさせる立場を作りやすくなります。

 

より確実に女性に嫌われることなく手を繋ぎたい方は2回目のデートでちょこちょこスキンシップをとりながら、手をつなぐという流れが自然です。

 

そして、手をつなぐとき理由はなんでもいいですからね。

どぎまぎしてそれが女性にバレたら不自然なので(笑)

 

 

例えば、手をつなぐ口実としては、横断歩道をわたるときに信号が点滅するタイミング。

これを狙って女性の手を取る。

 

「危ないから急ごう」

このように言いながら女性の手を取ります。

 

こうすることで自然と手をつなぐことができます。

 

また、他には歩きながらスキンシップで女性の肩に手を回したり、

肩をポンポン叩きながら、いきなり女性の手を取る。

 

このようにスキンシップから入ることで自然な流れで手をつなぐことができます。

 

だいたいスキンシップから手を繋ぐという流れが僕も多いです。

 

しかし、やってみて一番効果的で女性をドキっとさせる手のつなぎ方としては無言で手を取ることです。

これで女性はかなりドキドキします。

かなりドキドキするので、そのドキドキが恋愛のドキドキだと意識します。

女性をドキドキさせたり、ワクワクさせることができる男はモテやすいです。

もちろんいきなり無言で手を繋ぐというのは、相手の女性にもよりますし、勇気が入りますが、実践することで二人の距離がぐっと縮まります。

なので、ぜひ勇気を出して無言で女性の手を取ってそのまま握ってみてください。

 

戸惑う女性もいますが、急な出来事でドキドキすること間違いないので、ある意味、女性に刺激を与えてやるという考えを持って無言で女性の手を取ってみてくださいね^^

 

女性と手を繋ぐことに慣れるという意味でも、初めは緊張すると思いますが、どんどん積極的に行動していきましょう。

 

最後に、あなたが今好きな女性を確実に彼女にしたい場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

メルマガではサイトには書けない濃いモテるノウハウを教えているので今すぐにメルマガ登録しておいてください。

ナンパ侍賢治の女にモテる驚愕のメルマガ講座(無料)

恋愛マニュアル間もなく配布終了!

期間限定無料!(間もなく無料配布終了します)

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は
一切致しませんのでご安心ください。


10日で意中の女性を落とす能力が身に付くメール講座!!

メール講座限定で以下5つのマニュアルをプレゼントしています。

 

(期間限定!間もなく配布終了します! 1万ダウンロード突破)

 

 

●一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
●メールやLINEをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!

●キャバ嬢惚れさせマスターガイド!

●片手間0円でギャルや人妻のセ〇レを作る方法!

●思わず女性がとろけてしまうキスの極意!

実践者の感想や口コミ

 

また、メール講座限定でサイトには書けない意中の女性を落として虜にできる禁断の裏テクニックをこっそり教えています!

 

チビで口ベタで金なし。

そんなモテ要素なしの冴えない男でも手にできた7つの快感!

 

1、意中の女性を振り向かせる快感!

2、意中の女性に好かれる快感!

3、意中の女性とセックスする快感!

4、意中の女性と付き合える快感!

5、意中の女性に愛される快感!

6、意中の女性と過ごせる快感!

7、意中の女性を虜にできる快感!

 

あなたがたった1度きりの貴重な人生に好きな女性を自分のモノにできる刺激とワクワクと体を重ね合える圧倒的幸せを求めるなら下記より【10日間で好きな女性を落とすメール講座】へ期間限定今だけ無料でご参加ください。