女性はその気なのにタイミングを逃してしまう残念なパターン

女性はその気なのにタイミングを逃してしまう残念なパターン

00859

 

女性にがっつくのもよくないことなんですが、

逆にいつまでたっても手を出さないというのもよくないことなんですね。

貴方が好きな女性にアプローチしていくにあたり、

これから相手の女性が恋愛感情や好意を持つ前の段階で、

男性の方ががっついて好意をあからさまにすることはNGです。

 

このブログで何度も話していますね。

 

女性としてはまだ自分が相手の男性に対して

好意を抱いてない段階で、必死に追いかけてくるような男性に対して

価値を感じなくなるんですね。

そして、重くとらえられたりするわけですね。

つまり恋愛対象外と判断されるわけなんですね。

 

だから、あなたは好きな女性を落としていくためには

相手がこちら側にどれぐらいの恋愛感情を抱いているのか?

それを見極めたうえで女性にアプローチしていくことです。

なので、女性がまだこちらに好意を抱いてない段階では

がっついた行動とかあからさまに女性に好意を伝えるような行動はNGなんですね。

 

注意するポイントとしては

この逆パターンでも恋は実らないということを知っておきましょう。

逆のパターンとは一体どんなものなのか?

それは女性はその気になっているのに、

男性がいつまでたっても手を出してこないために

結局恋愛が実らないというケースのことを言います。

 

これは本当にもったいないパターンですからね。

僕自身好きな女性にがっついて失敗した経験があります。

 

また、逆に女性がその気だったのに手を出さずに失敗したパターンもあります。

貴方も過去にこのような経験はないですか?

 

というわけで、今回はこのような事態を防ぐために

相手の女性があなたに対して確実に好意を持っている。

これを見極める方法と、そしてその時に何をしたらいいのか?

これについて話していこうと思います。

というわけで、今回の内容を踏まえて

せっかく女性から好意を持たれているのだから、

そのチャンスをみすみす逃さないためにポイントを理解しましょう。

 

好きな女性と順調だったが・・・

僕の友達で浩二という男性がいます。

浩二は学生時代から彼女がいませんでした。

でも彼は合コンやパーティーなど出会いの場には行くのですが、

それでもいつも結果が出ずに終わっていました。

 

そんな浩二が友達の紹介で

智美という25歳でOLの女性と出会いました。

浩二は智美のルックスと中身がかなり気に入ったようでした。

それから、何度がデートを重ねていました。

 

そんな浩二を見て僕は

「やっと浩二にも春がきたかな」

このように思っていました。

そして、浩二と飲みに行った時にこんな話をしました。

 

僕「智美といい感じみたいだな」

浩二「うん、もうデート3回したし、智美ちゃんも俺のこと気になってるみたいだよ」

僕「そっか、ならいけそうだな」

浩二「うん、この間はデートの時に智美ちゃんの方からイチャイチャしてきたから、いけそうだね。でも最近ちょっとね・・・」

僕「何か不安でもあるの?」

浩二「それが、今までメールを送ったらすぐに返信が来てたんだけど、3日前に次のデートの約束メールを送ったけど、まだ返信がないんだよ。たぶん大丈夫だとは思うんだけどね」

僕「そうなんだ・・・。ところで浩二は智美ちゃんとどこまでいったの?」

浩二「それが、智美ちゃんがタイプすぎて緊張してしまって手もつなげてないんだよ(^_^;)前回のデートで結構向こうからべたべたしてきてたから手ぐらいつなげばよかったね・・・」

 

そして、結局この後に智美の方から浩二に素っ気ないメールがきて、

次のデートの約束ができずに再び智美と再会することなく関係が自然消滅してしまったというのです。

 

さて、あなたは浩二と智美の関係がなぜ自然消滅してしまったのか?

この原因が分かりますか?

 

そうなんです。

これはまさに女性がその気になっているのに男の方が全く手を出さないため失敗してしまったというパターンなんですね。

とてももったいないパターンですね。

 

さて、では浩二はどのタイミングで

智美にアプローチしていけばよかったのか?

 

浩二のアプローチが足りなかったものとは?

このブログでは何度も言ってますが、

男性が女性を落としていくにあたり

その過程で絶対に欠かせないことがあるんですね。

それがスキンシップです。

 

多くの女性にとってはスキンシップというものは

恋人、もしくは特別な男性としかしないものなんです。

なので、こちらがスキンシップを仕掛けることにより

女性の意識の中に自分のことを特別な存在と刷り込んでいくことができます。

女性は

「この人は特別な存在なんだ」

このような感情が女性の中で芽生えてくるわけなんですね。

 

つまり、狙っている女性とデートするときには

最初は軽いスキンシップから入り、

そのスキンシップを徐々にエスカレートさせていきます。

そして、最終的には体の関係を持つように女性を誘導していくのです。

そうすることにより高確率で女性を落とすことができるのです。

 

また、ちゃんと彼女にしたい女性であっても

1回目のデートでは手をつなぐ

2回目のデートではキスまでしておく

3回目のデートでは体の関係を持っておく

 

このようにデートの回数を重ねるたびに

スキンシップをどんどんエスカレートしていきます。

そして、付き合う前であっても

デートを重ねるたびに確実にスキンシップは深いものへと移行していく必要があります。

 

ところが、浩二の場合は

智美と何度もデートしているのに

彼女と手をつなぐこともできなかった。

智美からべたべたしてきていたにもかかわらず・・・

 

僕はもちろんその現場を自分の目で確認したわけではないので

細かいことまではわかりませんけど、

浩二はおそらくスキンシップ不足だった。

それがゆえに二人の関係が自然消滅してしまったということです。

 

女性としてはわざわざ二人きりで会う時間を何度も作っているのに、

男性の方から何もアクションがないとなると、

これ以上は関係が進展しないだろうと判断します。

そして、会うのが無駄に感じるようになるわけですね。

 

男性としては会っているときに、一か八かの告白なんかよりも

どんどんその女性にスキンシップを仕掛けていくことが正解なんです。

 

それは、相手の女性が

自分に対してどのぐらい好意を持っているのかわかりやすいですし、

その指標がわかります。

こちら側が仕掛けたスキンシップに対して女性がどれぐらい受け入れるのか?

 

女性からの思わせぶりな発言とか

メールだけではこちらに対してどの程度好意を持っているのかは判断しずらいですからね。

 

でも、女性がキスを受け入れたり

また体の関係を持つことを受け入れたり

そうなるとほぼ確実にこちらに好意を抱いていると判断できます。

または、それらの行為を受け入れたら女性の中で確実に好意が芽生えます。

 

たしかに告白することがダメというわけではないです。

でも、告白する場合でも相手の女性がどれぐらいこちら側のスキンシップを受け入れたかどうかが判断基準となります。

 

智美とっては浩二と何度もデートして二人きりで会う時間を作ったのだから、

彼がスキンシップをどんどんエスカレートして智美に仕掛けていくべきだったのです。

そうすれば智美は間違いなく受け入れたことでしょう。

 

でも、浩二は智美がタイプすぎて逆に手を出せなかった・・・

 

昔の僕もこのようにせっかくのチャンスを相手が美人過ぎて

ビビッてしまって逃してしまった経験があります。

だから浩二の気持ちはわかります。

 

そして、浩二だけではなく、

このようなもったいないことをしている男性は多いものです。

 

でも、相手の女性がめちゃくちゃ美人であっても

高嶺の花で今まで手の届かなかったような女性であっても

手を出したらダメなんてことは無いですからね。

これは他の女性と同じなんです。

 

 

どんなにその女性が美人であっても

結局いずれはどこぞの男に抱かれるし、

結婚もしますし、子供も産むわけですからね。

そして、女性の恋愛感情が高まる瞬間というのは

そう何度もあるわけではないですからね。

 

女性は恋愛においてきまぐれ感が男性よりも強いので、

今週はその男性のことが好きだったけど、

翌週になると熱が冷めてしまっているなんてこともあるわけです。

 

なので、イケるときにしっかり攻め落としておくこと

 

そうしないと次はないと思ったほうがいいです。

特に若い女性でフリーの美人となると

複数の男性からアプローチされていて当然ですからね。

なので、ちゃんと落とせるときに落としておかないと

他のライバルの男にその女性をかっさらわれてしまうんですね。

 

今回の浩二の場合も、もたもたしている間に

他の男性が智美に適切なアプローチを仕掛けてかっさらっていったのでしょう。

 

一時的に浩二に対して興味を持った智美も、

他の男性が現れることにより次第にどうでもよくなってくるものです。

 

なので、女性と何回もデートをしている時点で

第一印象は決して悪くないのですから、どんどん自分に自信を持ってアプローチしたほうがいいです。

どんどんスキンシップを仕掛けていくべきなんですよね。

 

さて、今回の内容はどうでしたか?

まとめに入りますね。

 

女性にアプローチしていく過程で

相手の女性がこちら側に好意をもってないのに、

がっつくことや好意を丸出しにすることはNGと言いました。

 

また、逆に

女性がその気になっているのに、

男性の方がいつまでたっても手を出さないということも

恋は実らないということです。

 

また、女性がこちら側にどれぐらい好意を抱いているのか?

これを計る判断基準として、確実に女性と仲を深めるためのスキンシップが必要ということです。

あなたがもしも、好きな女性と何回もデートをしているのに、

仲が進展しないとか関係が発展しない、自然消滅してしまうなら

それはスキンシップが不足しているのが原因と思っていいです。

相手の女性が美人であろうが、

高嶺の花でとても手能登語かないような存在であろうが関係ないです。

相手の女性があなたとのデートの誘いに応じた時点で、

最低でも第一印象はクリアできているからです。

後は自信を持ってどんどんスキンシップをこなしていくだけです。

 

というわけで、あなたも今後好きな女性とのデートの時は

自信を持ってスキンシップをこなしていきましょうね。

ナンパ侍賢治オリジナルレポートプレゼント!

期間限定で、僕のオリジナルレポートをプレゼント中です。 今がチャンスなんでサクっと手に入れておいてください^^
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^