女性ウケするために最低限の身だしなみで満足してもいいのか?

 

どうも、僕です。

ナンパ侍賢治です。

俺も恋愛したいよ。

僕も恋女にモテたいよ。

このように、まず恋愛したいという場合は、何からはじめて、何を気にするべきなのか?

 

それは女性に「生理的に無理」と思われない外見を作ること。

 

まずはこれが必要不可欠です。

 

「生理的に無理」

女性にこう思われたらその後、色々なテクニックを駆使して挽回しようと思ってもうまくいきません。

 

「生理的に無理」

この意味分かりますか?

「あなたは恋愛対象として考えられない」

つまり恋愛のスタートラインに立つこともできずに終わってしまったということ。

こんな虚しい結末にならないようにしましょう。

 

 

スタートラインに立てないなんて、こんな悲しいことはないですよね。

あなたも恋愛する上で身だしなみが大事ということはよく耳にしたことがあると思います。

今日はちょっと身だしなみに突っ込んだ話をしようと思います。

恋愛をする上で最低限の身だしなみをする。

でも、逆に最低限の身だしなみで満足してもいいのか?という話です。

 

 

よく恋愛マニュアルで書かれている女性を落とす上で基本となる最低限の身だしなみをマスターしましょう!という話があります。

 

 

確かにこれは正しいことを言っているし、最低限の身だしなみをすることは基本です。

 

 

でも、これってもともと身だしなみが「生理的に無理」とか「この人ないな」って第一印象で女性に見切られる人なら分かりますが、最低限の身だしなみがオレはできているから別に気にすることないや!って思っている人も多いです。

 

 

でもね、僕が気になるのが「最低限の身だしなみで満足しているの?」ってこと。

 

最低限の身だしなみを気にするだけでOKだと思っていませんか?

 

最低限というキーワード。

 

 

例えば、ファッションは清潔感を出して髭もキレイに剃っておきましょう。とか。
これってたしかに最低限です。

 

 

爪は伸びたままになっていないかをチェックしてちゃんと切っておきましょう。
これもたしかに最低限です。

 

 

また、鼻毛などもちゃんと処理しておきましょう。
これもたしかに最低限です。

 

 

でも、これらができたからってこれで満足してていいと思いますか?ってことです。

最低限の身だしなみということは、最低限女性に不快を感じさせない身だしなみということです。

 

 

多くの男性は、この最低限の身だしなみで満足してしまいます。

そして、それ以上身だしなみを磨く努力をしようとする人が少ない。

 

 

多くの恋愛マニュアルには最低限の身だしなみを整えていればOKと書かれています。

そして、後は恋愛トークとかテクニックを学びましょう。
そして、実践しましょう。

という具合の流れになっているわけですよ。

 

 

でも、女性が男性にまずはじめに興味を持たれる対象として目に飛び込んでくる情報は身だしなみが大きな要素を占めています。

確かに女性を落としていく上で、恋愛テクニックを学び実践することは大事なことです。

それは誰でも分かると思います。

 

 

でも、そこばかりを追い求めている男性って多いです。

身だしなみを最低限レベルにとどめておくだけで満足してしまっている。

顔がブサイクでもファッションや髪型を変えて向上させることにより女性の反応は明らかに変わってきます。

これは間違いないことです。

そして、これは他のどれを変えるよりも実は一番手っ取り早くて簡単な事です。

身だしなみを追及することで女性の印象を恐ろしいぐらいに変える力があることに気づいてない男性って多いんです。

 

だから、最低限の身だしなみをすることができたら「そこで満足」する理由が僕には不思議でなりません。

 

この記事を読んでいる人は最低限の身だしなみが整っていることを前提として僕は話しています。

 

 

今、自分で最低限の身だしなみは整っていると思っているのであれば、そこからさらに上を目指すべきなんです。

 

 

決して最低限の身だしなみ、ファッションで満足してはいけない。

なぜなら、だれが見てもそれは「最低限」なんだから。

 

最低限のギリギリのラインで満足することじたいが間違っています。

ちょっとキツイ言い方かもしれませんが、それで満足してはいけないってことです。

そんな低いレベルで満足してはいけない。

女性の反応を飛躍的に上げたいと思うなら、まずは身だしなみを最低限で満足するのではなくて、追求する努力が必要です。

良い例として、元サッカー選手の中田英寿さんなんかはすごくファッションを追求しますよね。

 

自分が似合うファッションを追求して、さらに流行に敏感です。

よく海外のメディアに取り上げられるほどのファッションセンスですよね。

 

でもそんな中田英寿さんって顔はどちらかと言うとイケメンではないですよね。

それでも多くのメディアが彼のファッションに注目したほどです。

つまり、オシャレの力ってこれほどまでに極めると効果抜群ということです。

このようにファッションや髪型を変えて向上させていくことによって、女性の反応を一変することって可能なんですよ。

 

 

だから最低限の身だしなみで満足するのではなくて、上を目指しましょう。

周りの男性が最低限で満足してしまっているところを、あなたがさらに向上させることにより、それだけでも周りの男性に差をつけることができます。

 

ハイブランドを身に着けると女性ウケはよくなるのか?

また、よくこんな質問を受けます。

 

「ブランド物を身に着けておいた方がいいですか?」

このブランド物を身に着けておくと基本女性の反応は変わります。

全ての女性の反応が変わるというわけではないですが、多くの女性の反応は良くなる事が多いです。

 

 

そして、ブランド物を身に着けようと思うのであれば、ブランド物だと分かるものを身に着けるようにした方が効果が高いです。

 

 

例えば、サングラスにしてもベルトにしても、ロゴが目につくものを身に着けることが効果が高いです。

 

 

よく見ないとそれが何のブランドなのか分からないようだともったいない。

というか、さりげないオシャレという面ではないいですが、気づいてもらえないとさりげないオシャレだと思ってもらえません。

だから、ロゴが目につくものの方が手っ取り早いです。

 

以前こんなことがありました。

顔はどちらかというとブサイクな友達で、身だしなみも最低限レベル。

僕はこの友達を合コンで女性ウケするように改造しようと考えました。

 

そして、合コン前にファッションを変えて、サングラスとベルトは僕のを貸してあげました。

そうすると、普通に彼氏が居てもおかしくなりビジュアルのアパレル店員の子とその友達は意気投合してそれからデートを重ねた後に付き合うようになりました。

 

オシャレに気を使う女性。

さらに職業がアパレル店員となると、なおのことオシャレには敏感です。

そして、異性のファッションセンスも気になるのは当然のこと。

このようにオシャレに力を入れるということは、最低限レベルで満足している男性よりもそれだけで女性ウケする確率が上がるわけです。

 

恋愛で一番変えやすいところってファッションだったり髪型です。

 

だから、そこを最低限で満足するのってもったいないですよね。

 

 

今回、口うるさく聞こえたかもしれませんが、あなたは最低限で満足しないようにしてくださいね。

 

最後に、あなたが今好きな女性を確実に彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

メルマガではサイトには書けない濃いモテるためのノウハウを教えているので今すぐにメルマガ登録しておいてくださいね。

ナンパ侍賢治の女にモテる驚愕のメルマガ講座(無料)

恋愛マニュアル間もなく配布終了!

期間限定無料!(間もなく無料配布終了します)

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は
一切致しませんのでご安心ください。


10日で意中の女性を落とす能力が身に付くメール講座!!

メール講座限定で以下5つのマニュアルをプレゼントしています。

 

(期間限定!間もなく配布終了します! 1万ダウンロード突破)

 

 

●一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
●メールやLINEをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!

●キャバ嬢惚れさせマスターガイド!

●片手間0円でギャルや人妻のセ〇レを作る方法!

●思わず女性がとろけてしまうキスの極意!

実践者の感想や口コミ

 

また、メール講座限定でサイトには書けない意中の女性を落として虜にできる禁断の裏テクニックをこっそり教えています!

 

チビで口ベタで金なし。

そんなモテ要素なしの冴えない男でも手にできた7つの快感!

 

1、意中の女性を振り向かせる快感!

2、意中の女性に好かれる快感!

3、意中の女性とセックスする快感!

4、意中の女性と付き合える快感!

5、意中の女性に愛される快感!

6、意中の女性と過ごせる快感!

7、意中の女性を虜にできる快感!

 

あなたがたった1度きりの貴重な人生に好きな女性を自分のモノにできる刺激とワクワクと体を重ね合える圧倒的幸せを求めるなら下記より【10日間で好きな女性を落とすメール講座】へ期間限定今だけ無料でご参加ください。