花火大会で告白を成功させる前に必ず知っておくべき事とは?

どうも僕です。

ナンパ侍賢治です。

 

花火大会の季節がやってきましたね。

 

あなたも意中の女性と花火大会に行きたいと思っているのではないですか?

 

「今年こそは、○○ちゃんと花火大会に行くぞ!」と意気込んでいるかもしれませんね。

そして、「○○ちゃんに告白するぞ!」と気合を入れて花火大会での告白のセリフを考えているかもしれませんね。

 

まあ、花火大会に行く前にちょっと忠告しておくことがあります。

 

このように、花火大会で告白をしようと考えている男性って結構多いと思います。

 

意中の女性を花火大会に誘えたら当日告白しようなどと、告白のセリフなどを考えている男性諸君に言いたい。

 

「花火大会だから告白して成功するとは限らないから辞めておきなさい」

あっさりと言って、ちょっと申し訳ないですが(笑)

 

「なんでだよ!もう告白するって決めたんだよ!告白を成功させる方法を教えろよ!」などと反感を買いそうですね(笑)

 

花火大会は「特別な日」や「一大イベント」のようなシチュエーションだと思って、告白のチャンスとか、告白したら行けるかもしれないと期待する気持ちは分かるけど、100%成功すると自信がないなら辞めておきなさい。

 

相手の女性と、数回デートを繰り返してきて、なおかつ相手の女性の方から好意的にスキンシップをしてきたり、すでに彼女とキスを済ませているなど、そういった相手の女性から自分に対して明らかに好意を感じている状況で、後は体の関係になるだけという段階まで来ているというのであれば、告白をしてもいいけど、まだそこまで関係が深まっていないという場合は焦って告白してもフラれる確率の方が高いので辞めた方がいいです。

 

花火大会だからということで、舞い上がって告白しても花火のように、あなたの一途な気持ちもはかなく散ってしまう可能性があるってことですよ。

 

「なんでそんなこと言うのかって?」

 

僕が経験者だからですよ。

 

花火大会で告白して、はかなく散った20歳の夏

昔、花火大会で告白して見事にフラれたことがあります。

 

当時の僕はまだ20歳で大学生でした。

 

当時、カラオケ屋でバイトをしていました。

 

そこで、出会ったカラオケ屋のバイトの同い年の女の子に当時の僕は恋をしました。

 

ノブヨちゃんって名前の子でした。

 

名前は昭和なイメージですが(笑)

でも、これが可愛かったんですよ。

 

どことなく、顔は綾瀬はるかに似ている女の子でした。

 

声はハスキーでした。

 

性格は明るくて、真面目なタイプの女性でした。

 

当時の僕は純粋無垢で、恋愛経験も少ない状態でしたので、ノブヨちゃんを花火大会に誘って告白をしようと決めていました。

 

それまで、彼女と二人きりで遊んだことはなかったですが、バイトの飲み会などで彼女と世間話などをして、ある程度仲良くなっていましたし、周りのバイトの人たちから、「2人は同い年だし、付き合っちゃいなよ」的なノリで言われていましたので、周りからの後押しもあって、お互いが意識しているものだと思っていました。

 

「ノブヨちゃんも俺に気がありそうだな」と、周りの後押しのおかげもあり内心自信がありました

 

そして、ノブヨちゃんを花火大会に誘って行くことができて、花火が上がり終わってから海沿いの海岸で告白しました。

 

花火大会に来てくれたので、完全に自分に脈があると思っていました。

 

そして、告白も成功すると思っていました。

 

「バイトの先輩からも告白したらイケるから頑張れよ」などと背中を押してもらっていたので、僕自身イケると思っていました。

 

当時の僕は何もわかってない純粋君でしたからね(笑)

 

思い切って勇気を出して想いを伝えたら「なるようになる!」ぐらいにしか思ってなかったですし、まさに恋愛は勢いだ!ぐらいに思って勘違いしていました。

 

そして、花火大会が終わった後に、告白したわけですが、残念ながらフラれてしまいました。

 

当時はまさかフラれるとは思っていなかったので、言葉を失って呆然としてしまいました。

 

「大丈夫?」とノブヨちゃんに気を使われてしまうという始末でした。

 

「まだ、好きになれないからごめんなさい。」

 

今でも、はっきりとフラれたことを思い出せますよ。

 

告白してフラれてからもバイトで顔を合わせるので、はじめは少しお互いが気まづい感じでした。

 

ぎくしゃくした感じでした。

 

「まだ好きになれない」ということは「好きになってくれる日が近いのか?」などと無駄に期待していた自分がいましたが、そんな甘いものではないことにすぐに気づきます。

 

それから、数日後ノブヨちゃんは就職活動をするという理由でバイトを辞めてしまいました。

 

僕は彼女が仕事がしづらいのではないかと内心感づいていました。

 

僕をふった罪悪感も多少はあったと思いますし、また周りはフラれた側の見方をしがちなので、バイトに行きづらかったのではないかと思います。

 

結果的に、イケると思って勇気を出して告白した結果が無残に散ってしまったというわけです。

 

なので、花火大会に意中の女性と行けたからと言っても告白することはおすすめしません。

 

そんなことよりも、花火大会ではさっさとスキンシップを加速させてカップルのような空気感を作ってイチャつくことをおすすめします。

 

真面目に花火を見て真面目に告白したところで、フラれてその後が気まずい感じになると、「ああ、告白なんてしなければよかった」というように後悔してしまいますからね。

 

だから、真面目に純粋ぶって告白なんかしない方がいいです。

 

純粋ぶって「花火キレイだね~」などと言って感動に浸って彼女に告白したらうまく行くかもしれないなどと、期待を膨らませない方がいいです。

 

相手の女性があなたに対して「いい人だけど、まだどんな人なのか分からない」と思っている段階だとすると、告白をしてもあなたのその想いは、はかなく散ってしまうだけですからね。

 

花火大会で告白を考えている場合は、ちょっと一旦立ち止まって考えてみてください。

 

花火大会で告白することで何が得られるのか?

そもそも、告白することで何を得られるのでしょう。

「そんなもの決まってるじゃん!彼女にできるかでしょ!付き合えるわけでしょ!」

という答えが帰ってきそうですね(笑)

 

確かに、うまく行けばそうなります。

「今日から俺たち、私たち、恋人同士!つまりカップルね」

という契約を交わすことができます。

念願が叶って幸せになる瞬間でもあると思います。

 

でも、逆にデメリットを考えたことありますか?

デメリットを考えたことがないという場合は、ちょっとデメリットの方も考えてみてください。

 

告白するデメリットはどんなことがあるでしょう。

 

■そもそも告白は成功率が低い(完全にこちらに惚れている場合のみでしか成功は期待できない)

■女性にYESかNOの二択を迫ってしまうので、迷った場合は高確率でNOと言われてしまう

「ちょっと考えさせて」と言われると、高確率でフラれる(女性は優柔不断だから迷ったらNOを選ぶ)

■フラれると気まずくなる

■フラれると気持ちがへこむ

■フラれると、まだ告白するのではなかったと後悔する

■フラれると、それまで築いてきた関係が壊れる

■フラれると、ふりだしに戻る

■フラれると、次回二人で会う事が難しくなる

■女性は、振ったことで罪悪感を感じ距離を置かれる

■フラれて関係がギクシャクする(女性に警戒される)

■ほとぼりが冷めるまである程度の時間がかかる

■フラれることで、自分に自信が持てなくなる

 

このように告白をすることでのデメリットというものを考えてみてください。

他にもあると思います。

 

メリットに比べて、デメリットというかリスクが高いと思いませんか?

「それでも俺は告白したいんだ」という場合は、無理に止めないので告白しちゃってください。

そのかわりうまく行かなかったとしても知りませんから(笑)

 

成功すれば、確かに彼女と付き合う事が出来て、ハッピーな気持ちになりますが、別に花火大会で告白をしなくても、彼女と付き合う事ができたらどうですか?

 

リスクを犯してまで告白をしようと思いますか?

普通の考え方ができる男性なら、多分思わないと思います。

 

わざわざ花火大会で告白するよりも、女性を落とすために大事な事として、スキンシップや好意を与える発言を行うことです。

 

スキンシップに関しては、意味は分かると思います。

 

花火大会で告白するよりも、スキンシップをすることの方がよっぽど彼女の心を掴むためには意味があります。

 

例えば、手をつないだり、ハグしたり、花火大会はガヤガヤして周りがうるさいので耳元でささやくように話しかけたり、彼女と並んで座っている時に、お尻が汚れないように、ハンカチなどを用意しておいて敷いてあげたり、出店で食べ物(ハシマキなど)を購入したのであれば、それを二人で共有して食べたり、「ほら、アーンして」などと言いながら食べさせてあげたり、告白よりもこういったスキンシップをしっかり行えているかが重要です。

 

そして、あわよくばキスをするということ。

「付き合ってもないのにキスしていいの?」と思うかもしれませんが、当たり前ですよ。

大人の恋愛で勝ち続けたいなら、告白するよりも先にキスをすることです。

 

相手の女性もキスを受け入れたことで、こちらのことをより強く意識するようになるわけですよ。

 

「キスは特別な相手としかしない」という女性がほとんどですからね。

なので、キスしたあなたは多くの女性にとって、その時点で特別な相手です。

 

つまり彼氏候補を通り越して、彼氏という最上級のポジションに居座れる可能性が限りなく高くなるわけです。

それから告白したらどうでしょう?

フラれる確率を下げることができると思いませんか?

 

それでも、キスだけではまだ足りないというのが僕の本音ですけどね。

 

「そもそも、手をつなぐこともできていない?」

そんな簡単なスキンシップもできていないのに、告白しようとしているなら辞めた方がいいです。

 

告白しても失敗に終わる可能性の方が高いので辞めた方がいいですよ。

 

万が一たまたま告白が成功したとしても、今後あなたが恋愛活動していくと必ず分かる時が来ます。

 

「あの時はたまたま運が良かった」ということがね。

「告白はリスクが高いだけで、フラれる可能性の方が高いので辞めた方がいい」ということもね。

 

別に僕が花火大会で告白してフラれたから、それを根に持ってあなたにも告白してもフラれるから辞めた方がいいと言っているわけではないですからね。

 

恋愛活動をしながら、年齢を重ねていくとわかることですが、告白を考えるよりも、女性を落とすためにスキンシップや好意を与える発言を行う事の方が圧倒的に重要であることに気づきます。

 

だから、僕の経験を踏まえて、女性を落とすためには、彼女にするためには「こうした方がいいよ」ということをこのサイトで伝えているわけです。

 

だから、花火大会で告白を考えている場合も、「花火大会だから告白したらイケるかもしれない」とか関係ないので告白は辞めた方がいいということです。

 

恋愛は、そんな甘いものではないってことですよ。

 

告白なんかよりも、あなたと相手の女性との関係性が大事です。

 

相手の女性があなたの事を「彼氏候補として見ているのか?好意を持っているのか?」ということが大事です。

彼氏候補でもまだ弱いですね。

 

「あなたに惚れている」

「あなたの事が好き」

「あなたの事が大好き」

 

相手の女性の恋愛対象としての最上級のポジションに居座ることができて、初めて告白が成功すると思っておいた方がいいです。

 

一か八かの告白に賭けてみるとか思わないことです。

 

「そんな自信ないですよ」というのであれば、告白は辞めた方がいいです。

花火大会だから告白するなどと悠長なことを考えない方がいいですよ。

 

告白なんかするよりも、スキンシップを行いましょう。

告白なんかするよりも、好意を与える発言をしましょう。

告白なんかするよりも、キスすることを考えましょう。

告白なんかするよりも、体の関係になることを考えましょう。

 

これを女性が見たら「サイテーだな!コイツ!」と思われるかもしれませんけどね(笑)

でも、自分が好きな相手に告白されるからうれしいんでしょ?

自分が好きでもない相手に告白されてもOKしないでしょ?

そりゃ、多少は嬉しいかもしれませんけどね。

でも、好きではなかったらスルーするでしょ?

それが女ってものですよ。

 

だから、女性は告白を待っているなどと勘違いしないことです。

好きな男性からの告白を待っているだけですからね。

好きな男性からの素敵な告白のセリフやシチュエーションなどを妄想してニヤニヤしているだけですからね。

そこのところ勘違いしないでほしいので、花火大会だからという理由で告白しようなどと考えないことです。

 

スキンシップの意味は先ほどもお伝えしたので分かってもらえていると思いますが、好意を与える発言というのが分からないというのであれば、確認しておいてくださいね。⇒ 女性を落とすために必要な好意を与える発言

告白よりも、こういったことをすることが女性を落とすために重要であることが分かると思います。

 

もちろんできている場合はいいですよ。

「俺は好意を与える発言もスキンシップも十分に行ってきて、俺に惚れている自信がある」というのであれば、告白すればいいです。

 

別に花火大会で告白しなくてもいいですけどね。

どんなシチュエーションでも関係ないですよ。

相手の女性はあなたのことが好きだから二つ返事で、彼女になるでしょう。

 

まあ、自信がないなら辞めておきましょうね。

 

花火大会であえて告白を成功へ導くために

何はともあれ、相手の女性が完全に自分に惚れているという確信があるなら、思い出つくりの一環で花火大会で告白をするという考えでもいいでしょう。

 

僕の場合なら、まだその女性とセッ〇スしていなくても、前回のデートでキスまでクリアしておいて、いよいよクライマックスである体の関係になる一歩手前だと相手の女性もそれとなく雰囲気で理解してきているので、その段階でのデートが花火大会であるなら、ちょうどいいので、花火大会で決めるという意味で告白するかもしれませんね。

 

相手の女性が惚れているという確信がないままに昔のように(20歳のときに、ノブヨちゃんに告白したように)一か八かで告白することはありません。

 

相手の女性が、「告白を待っている雰囲気」を醸し出してきているのが分かる場合は告白します。

 

そして、告白のセリフを選ぶとするなら、シンプルに「○○ちゃんが好きだから、付き合ってほしい」と伝えます。

 

「好きだから」という理由を付けているなら、告白のセリフなんてなんでもいいです。

 

「○○ちゃん、俺と付き合ってほしい」と言っても、女性は「なんで?」となる可能性があるので、ちゃんと「好きだから」という理由を付けることです。

 

女性は理由がないと納得しない生き物ですからね。

女性に行動を起こさせるためには、いちいち理由を付けることが大事です。

 

例えば、女性を食事に誘うときも、ただ「ご飯いこうよ」だと「なんで?」となるので、「今度ご飯行こうよ。アイちゃんの好きな美味しい○○が××にあるから、一緒に行こうよ。」などと、理由を付けることで女性に行動を起こさせやすくなります。

 

他にも、女性を自宅に連れ込むときも、「家においでよ」と言うだけだと「なんで?」となりますので、「家においでよ。○○ちゃんの見たいって言っていたDVD借りたから一緒に見ようよ」などと、理由を付けることで女性に「それなら」と納得させて行動を起こさせやすくなります。

 

理由があれば、後から言い訳ができますからね。

 

「美味しい○○をご馳走してくれると言われたから食事に行った」

「DVDを見ようと誘われたから家に行った」

というように、後から言い訳ができるわけです。

「相手がそうやって誘ってきたから、仕方なく付いていった」というように自分を正当化できるわけです。

ややこしいと思うかもしれませんが、女性とはそんなものなんですよ。

 

だから、女性に行動を起こさせる場合は、ちゃんと理由を付けて誘うことです。

そうすることで、女性からのイエスをもらいやすくなります。

 

なので、花火大会で強いて告白するときも「好きだから」という理由を付けておけばいいです。

これで、花火大会での告白が成功して良い思い出ができます。

 

あえて告白をする理由はないですが、思い出つくりの一環だと思ってするなら、僕はこういったシンプルな理由付け(好きだから)で告白します。

 

別に他にも理由を付けるなら、

 

「○○ちゃんの事を愛しているから」

「○○ちゃんを幸せにしたいから」

「○○ちゃんと一緒にいると楽しい癒されるから」

「○○ちゃんとこれから先ずっと一緒にいたいから」

「だから俺と付き合ってほしい!!」

 

などと、しっかり理由を付けて、告白すればいいでしょう。

 

そうすることで、女性からイエスをもらえて、花火大会での良い思い出ができるでしょう。

何度も言うように、あえて告白するならこういったセリフを選んで告白するということです。

 

しかし、成功する確信がないなら軽はずみに、勢いに任せてとか、一か八かとか、白黒つけたいからとか、そういった理由で告白しないことです。

 

あなたが白黒つけたいと思ったとして、女性は迷ったら高確率でNOを突き付けてきますからね。

白黒つけに行く前に、やるべきことしっかりやっておきましょう!

 

告白をせずに彼女にするためのコツなども参考にしてほしいですね。

 

と、まあいろいろと花火大会での告白について話してきましたが、僕の失敗を参考にして、あなたには恋愛活動を頑張ってもらえたらと思います。

 

 

告白してフラれて後から後悔しても時すでに遅しですからね。

 

言ったことは変えられませんからね。

告白せずに、もっとスキンシップや好意を与える発言をしておけばよかったと思っても、後の祭りです。

 

フラれてしまったら、それまでの努力が水の泡です。

もちろん関係を復活させることもでますが、それにはある程度の時間が必要となりますからね。

 

もちろん中には、軽い女性もいてちょっと相手の男性の事が気になったら気軽に付き合うという女性もいますが、そんな女性ほど、告白せずにキスをしてなど、しっかりとスキンシップをしておけば、すぐに体の関係になれますし、わざわざ告白しなくても体の相性を確かめた後で付き合うかどうかを決めればいいことですので、告白を焦る必要はないです。

 

体の関係(セッ〇ス)すれば、女性はほぼ確実に相手の男性の事を好きになります。

 

完全に惚れさせるためには、体の関係になることが一番確実です。

 

なので、ゴールとしては、告白を成功させることよりも、常に体の関係になることを目指す方が大人の恋愛はうまくいきます。

 

純粋ぶったり、まじめぶったり、誠実ぶったりする必要はないです。

 

先に体の関係になって相手の女性との体の相性を確かめることの方を優先することです。

 

僕の経験上、告白するという概念を捨てて、体の相性を確認するという考え方に変えてから、女性をポンポン落とせるようになりました。

 

そして、妥協なき理想の女性と付き合う事ができるようになりました。

 

何事もチャンレジすることが大事ですが、恋愛でも間違った考え方をして実践していると、いつまでたっても理想の彼女を手に入れる可能性は低いままです。

 

たまたまうまく行くということもありますが、告白の概念を持ったままだと確率が低いままで、うまく行かないことが多く悩むことになります。

 

昔の僕がそうだったようにね。

 

花火が打ちあがった後に、あえて告白をするなら、俺に確実に惚れているから絶対に成功するという確信がある場合のみにしてくださいね。

 

フラれることが続くようになると、自信を失っていってしまいますので、他の女性に対しても自信を持てない行動になりやすいですからね。

 

そうなると、モテない負のスパイラルに陥って、なかなか抜け出せずに辛い恋愛経験ばかりを体験するハメになりかねませんからね。

 

昔の僕がそうだったのでよく分かります。

 

あなたには、そんな悲しい経験や苦い思いをしてもらいたくないので、今回僕なりに熱く語ってしまいましたが、参考にしてもらえたらと思います。

 

最後に、あなたが今好きな女性がいて、確実に彼女にしたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

 

メルマガではサイトには書けない女性を落とす強烈なノウハウをこっそり教えていますので、興味がある場合は、今すぐにメルマガ登録しておいてくださいね^^

ナンパ侍賢治の女にモテる驚愕のメルマガ講座

 

 


10日で意中の女性を落とす能力が身に付くメール講座!!

メール講座限定で以下5つのマニュアルをプレゼントしています。

 

(期間限定!間もなく配布終了します! 1万ダウンロード突破)

 

 

●一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
●メールやLINEをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!

●キャバ嬢惚れさせマスターガイド!

●片手間0円でギャルや人妻のセ〇レを作る方法!

●思わず女性がとろけてしまうキスの極意!

実践者の感想や口コミ

 

また、メール講座限定でサイトには書けない意中の女性を落として虜にできる禁断の裏テクニックをこっそり教えています!

 

チビで口ベタで金なし。

そんなモテ要素なしの冴えない男でも手にできた7つの快感!

 

1、意中の女性を振り向かせる快感!

2、意中の女性に好かれる快感!

3、意中の女性とセックスする快感!

4、意中の女性と付き合える快感!

5、意中の女性に愛される快感!

6、意中の女性と過ごせる快感!

7、意中の女性を虜にできる快感!

 

あなたがたった1度きりの貴重な人生に好きな女性を自分のモノにできる刺激とワクワクと体を重ね合える圧倒的幸せを求めるなら下記より【10日間で好きな女性を落とすメール講座】へ期間限定今だけ無料でご参加ください。