00026

前回は合コンの人数について話をしてきました。

そして、合コンの人数は3対3とか4対4ぐらいがベストだということを話しましたね。

それは、少人数制にしたほうがメンバーが集まりやすいということ。

そして、日程も早々に決定することができるということですね。

また、合コンをお願いする女性の幹事が

もともとの知り合いだったり学生時代の友人であったり

もしくは定期的に遊んでいる女性であったり付き合いの長い女性なら日程が延期になっても股日程を調整することができます。

 

でも初対面の女性との合コンでは

日程がなかなか決まらずに先延ばしになっていくと関係が薄いので

いずれ規格が消滅してしまう。

 

なので早々に日程を決めることが重要となる。

まあ、僕自身昔は全く女性の友達なんていなかったので

全くない状態から出会いを量産してきました。

そして、振り返ってみると初対面の女性に合コンをお願いすることがほとんどでした。

そして、毎回初対面の女性との合コンのセッティングをこなしていき

その中で間延びすることなくあっさりした連絡だけで合コンの段取りができる方法を身に着けたのです。

 

貴方もこの方法をパクって使うだけで

女性とのツテが無い状態でも

簡単に女性との出会いを量産することができるようになります。

 

そして、出会いを量産することができるようになると

それなりにかわいい子と出会う確率が上がります。

そうなるとあなたは余裕が出てきます。

そしてそのオーラが女性をさらにひきつけるようになります。

これは、モテるスパイラルに突入していったというわけです。

 

なので今回は

初対面の女性との合コンのセッティングについて話していこうと思います。

そして、段取りについて具体的に話していこうと思います。

 

まずはじめに

女性のツテが全くない状態だった僕が

合コンをお願いするために足を運んだ先

それが異業種交流会です。

 

この異業種交流会で知り合った女性と

いきなり1対1で遊んでもいいですが

合コンをお願いすることでまずは複数人で遊ぶというワンクッションを入れておきます。

そうすることによって、信頼関係が築けたり、

また女性の友達を紹介してもらえるという選択肢が増えていきます。

そして女性が初対面ならあまり自分に興味を示してない段階でも

合コンなら他の男友達をエサにして次の機会につなげることができるからです。

 

そして、初対面の印象が良くないとしても

次につなげることができたらいくらでも恋愛関係に発展させることは可能だからです。

そして、むしろ後から良い印象を与えるほうがギャップ効果が作用します。

 

そして、おもしろいことに

類は友を呼ぶという言葉がありますが

びょじょはやっぱり美女を連れてくるんですね。

その傾向が強いです。

なのでよりタイプの美女をその中から選択することができるわけです。

つまりこのように考えても

異業種交流会で出会った女性とは

彼女のことがタイプだったとしても「今度の飲み会やろうよ」

このように複数人で遊ぶ提案をしたらいいのです。

そして、互いの連絡先を交換しておきます。

 

合コンというフレーズに拒否反応を示す女性も多いので

オブラートに包む感じで「飲み会」というフレーズにしておきましょう。

1対1での食事とかデートをするよりも

重くないですしね。

そして、より確実に連絡先を聞き出しやすくなるわけですね。

こちらががっついている感じがなくなります。

つまり男性の立場が下になるということはないわけですね。

そして、飲み会を口実にしてアドレス交換したとしても

メールのやり取り次第で1対1のデートにシフトチェンジすることだってできるわけですからね。

つまりパーティーとかクラブでナンパとか一度きりの出会いの場なら

連絡先をまずは交換することが第一に優先することになるのです。

 

いくらあなたが初対面の女性とめちゃくちゃ会話が盛り上がったとしても

そして、かなり好意を持たれているとしても次につながらないと意味ないですからね。

 

なので、そういった意味を込めて

口実として連絡先の交換をしておくということですね。

そうすることでてっとり早く理にかなった処置ができるようになります。

合コンの段取りメール(LINE)はたった4通で完了

さてさて、初対面の女性と連絡先を交換しました。

そして、その後の合コンのセッティングの段取りなんですが

「なんか面倒くさそう」

このように思うかもしれません。

でも実際はかなり簡単です。

 

たったの3,4通程度のメールで設定完了しますからね。

 

あっさりしたメールのやり取りだけで

合コンの日程を早急に決めることができる方法です。

また、がっつくことがないのでこちらの立場を下げることもない。

簡単にできてしまう方法です。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

まず出会ったその日

女性が家につくぐらいの時間を見計らいます。

そして、以下の内容のメールを送信するのです。

 

「今日はどうも。お疲れ。今度飲み会やりましょう。」

最初のメールやちょっと社交辞令的なノリの内容ですね。

そして、女性からの返信メールもやや社交辞令的な内容のメールが来ます。

 

「了解です。飲み会やりましょう」

このような感じですね。

これに対してすぐに返信してはいけません。

だいたい24時間後ぐらいに以下のメールを送信しましょう。

(24時間はだいたいの目安です)

 

「お疲れさん。飲み会の件だけどね、来週もしくは再来週に3対3か4対4で○○あたりでやりましょう」

 

出来るだけ短い文章で

日程と人数と場所を選択させる内容のメールですね。

このような内容だと相手に選ばせる余地を与えられます。

つまりより一層NOという否定の言葉を出させないですむからですね。

そして、いつの間にか合コンをすること自体を決定事項のような空気を作り出すことができるのですから。

 

そして、このメールに対して女性は

日程、人数、場所を選択してメールを送ってきます。

そうすると今度は

「分かった。多分○月○日の20時スタートぐらいになると思う。3対3で場所は○○ね。」

こうして無事日程を決定することができます。

それから男性メンバーを集めて

店を予約して、また合コン前々日の夜ぐらいにメールを入れます。

「明後日20時スタートで3対3で自分の名前でお店を予約しておいたからよろしく!http:○○○○○・・・(お店の地図のURL)」

 

駅に集合などではなくてお店に現地集合させます。

シラフの初対面の男女が駅などで主号して店に移動となると打ち解けてない気まずいままの雰囲気でスタートしてしまうことになるからです。

以上が初対面の女性にたった4通の簡単なメールを送っただけで

合コンの段取りを完了してしまう方法ですね。

 

どうですか?

かなり簡単だと思いませんか?

だいたいこんな感じで合コン設定できちゃいます。

 

これなら仕事が忙しくても

空いた時間でさくっと設定することができますよね?

 

というわけで、今回の内容はどうでしたか?

合コンの段取りの時もそうなんですが、

やはりメールで女性をデートの誘う時の内容と同様に

まだ相手がこちら側に好意を持ってない段階ではあっさりとした連絡事項だけ伝えるところがポイントです。

 

そうすることによって、確実に約束を取り付けることができ、

またあなたが女性を追いかけたり、下手に出るということがなくなります。

自分の立場を下げることもなくなるのです。

なので、今度初対面の女性に会ったら

飲み会ネタついでに連絡先を交換してみましょう。

そうすることで、すんなりと合コンまで運んでいくことができますからね。

ナンパ侍賢治の期間限定恋愛マニュアル無料プレゼント!

只今以下の恋愛マニュアルを無料でプレゼントしています。
  1. 一瞬で狙った女性の心を掴める会話術!
  2. 片手間0円でセフレを作る方法!
  3. 女にメールをシカトされた場合の対処の仕方~復活させる方法!
  4. 交わした瞬間に女性がとろけて5秒で虜になるキスの6つの極意!

pure1

pure2

これらすべて無料で手に入れることができます。 ↓ ↓ ↓

プレゼントの受け取りはこちら

※無料ダウンロード終了まで残り時間わずかとなっています。お早めにどうぞ! また、サイトには書けない『今すぐ狙った女を落とす禁断のテクニックも垂れ流していますのでお楽しみください』^^